1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の退職の仕方
  4. 医師は辞めるのも大変なんです…

BLOG

ブログ

医師の退職の仕方

医師は辞めるのも大変なんです…

医局 退局 相談

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日ある先生から
「医局をどう辞めればいいか?」
というご相談を受けました。

今までも医局との調整に時間が掛かり、
心身共に疲弊してしまった先生もいらっしゃいましたので、
今日はどう医局を辞めるか?について
考えてみたいと思います。

まず大前提として、
私は医局は必ずしも
辞めなければならないものだとは考えておりません。

確かに医局には過去様々な問題があったのでしょうし、
今でもあるのでしょう。

しかし医局の存在自体はプラスの面もありますし、
医局がなくなるという事は考えにくいです。

また研究を続ける先生や
質の高い医療を目指す先生には
キャリアアップの場として
活かせるのだとも思ってます。

ただ何らかの事情で
医局を辞めるという決断を下す先生がいるのは事実であり、
それは尊重すべきものとも考えています。

まずはご自身の未来を冷静かつ長期的視野で検討し、
その上で医局を辞めるのかどうか?
そして辞めるならそのタイミングはいつなのか?という事を
考えなければならないのではないでしょうか?

さて、そういった前提を乗り越えて
医局を辞める事を決断されたとして、
何より最優先で考えなければならないのは
【円満退局】であるだろうと思います。

どんな世界でもそうですが、
やっぱり世間って狭いものですよね。

特に医師の場合は超がつく程の専門職な訳でして、
おそらくどこかで再会する事も多いのだろうと思うんです。

長い人生を考えても、
変に敵に回したり、
後ろ指を指されるような辞め方をするのは
得策ではありません。

とにかく円満退局を目指すべきなんだと思います。

では円満退局する為にはどうすべきかですが…
1、退局理由
2、タイミング
3、断固たる決意
の3つがポイントではないかと考えています。

まず退局理由ですが、
これは医師に限らずビジネスマンも一緒です。

誠実さは必要ではあるものの、
いい意味での嘘も方便という事を
考えた方が良いと思います。

申し出る先の文化や特徴によって
多少異なってくるのでしょうが、
相手がそれは致し方ない…と思ってくれる
理由を述べるべきだと思うんです。

大まかに言うと、
いわゆる一身上の都合って奴になるのですが、
もう少し具体的に言うと、
家庭の事情や個人的ないかんともしがたい理由を述べ、
その上で今までお世話になった
お礼を申し上げるくらいが良いのでしょうね。

間違っても恨みつらみや
不平不満を述べない事です。

これでは目も当てられない事態になってしまいます。

次のタイミングですが、
ここは誠実さが求められますね。

変な話しですが
退局理由のところで嘘も方便と申し上げた
マイナスを挽回するのはここです。

医局も人手不足に陥っている事が多く、
また人事の時期もある訳で、
いつがいいのか?は
最も迷惑にならないタイミングを考えた方が
良いでしょうね。

そんな良いタイミングなんてない…というケースもありますが、
やっぱりしいて言うならというレベルでも構いませんので、
気遣いが必要なんだと思います。

願わくば、教授に話しが行く前の
准教授などの話しのわかる方を
味方にできるといいのですが…。

とにかく焦らずに、
ある程度の時間が掛かる事は致し方ないと考え、
粘り強く絶好のタイミングを探す事ではないかと思います。

そして最後の断固たる決意ですが、
これがないと
引き延ばし戦略に負けてしまう事もありますね。

懇願されようが、
怒鳴られようが、
諭されようが、
何をされても次のステージに進むんだという
強い決意が必要です。

誠実にその思いを伝え続ける姿勢も大切ですね。

あくまでも医局によって違いはあると思いますし、
教授の個性や長年積み重ねてきた文化や
ルールというものもありますので、
これが正解ってのはないのではないかと思います。

また退局する先生自身のバックボーンもそれぞれですので、
その事情によって
多少変えていかないといけないのでしょう。

それなりのコンサルタントでしたら、
単に求人を紹介するだけでなく、
いかにして円満退局をするのかといった面も
アドバイスをしてくれる事と思います。

むしろこれができないコンサルタントは
害にしかなりません。
気を付けて下さい。

大切なのは未来ですからね~。

医局 退局 相談

医局を去る決断というのは
医師にとって慎重であるべきだと思います。

決断とは、決めて断つ事な訳ですから、
決めるまでは慎重に、
ゆっくりと時間を掛けて、
自身のビジョンを明確にして、
様々な情報収集を行い、
先輩方のお話しも参考にしながら、
決める準備をしていった方が良いとも思うんです。

その上で、決めたら
真っ直ぐに突き進めばいいのではないかと思います。
誠実さ…、これが重要なのでしょうね。

それでは、また…。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事