1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 医師と医療機関との面接は短所や欠点の共通理解も大切です!

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

医師と医療機関との面接は短所や欠点の共通理解も大切です!

医師面接 医療機関面接 面接共通理解 医師面談 医師見学 病院面接 病院見学 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私は原則として
面接の場には必ず同席をさせて頂いております。

医師と病院。

切っても切れない関係ですが、
面接の場ではいろんな話しが出てきますので、
同席して今後調整すべき点を
しっかり把握するようにしているのです。

さて面接もホントいろんな形があって、
それは千差万別であります。

正解のあるものではありませんので、
いろんな形があっていいと思いますが、
私がいい面接だなあと感じるのは、
求職者である医師と、
求人側である病院が、
本当に相手を理解しようと思っている、
また相手に理解して貰いたいと思っている。

そんな面接です。

その中でも医師、病院ともに
長所や美点、利点については
お互いに気持ち良くお話しできるのだと思います。

しかし短所や欠点というのは
言いにくいですよね。

短所や欠点を話す事で…、
採用されなかったら嫌だな。

厳しい待遇でオファーされてもなあ。
と求職者側である医師は思うのでしょうし、
内定を出しても来てくれなかったら困るなあ。

是が非でもこの先生には当院を選んで欲しいんだよな。
と求人側も考えるのが普通です。

となると、当然短所や欠点は
伝えづらくなってしまうものです。

ですが、これをしないと
勤務を開始してからおかしな事になったりします。

想像していたのと違う…という奴ですね。

その結果早期退職に繋がったりすると
目も当てられません。

短所や欠点。
実は面接で確実に伝えるべき事なのではないかと
私は考えております。

むしろそれを上手く引き出して
お互いの理解度を高めるのも
我々エージェントの責務だとも思ってます。

ある面接に同席した時の事です。

別に誰も聞いていないのに、
先方の事務長さんが、
「当院の内科の現状は…」と
ありのままを面接に来た先生にお伝えし、
実際に診療室などをご案内しながら
マイナスと思える点についても
丁寧に説明をして下さいました。

結果的にその先生は
病院側が正直にマイナス部分を話してくれたお陰で
逆に安心をしてくれたのですが、
やはり隠すというのは良くないのでしょうね。

もちろんそうは言っても…という部分もあるのでしょうし、
伝えるきっかけが掴めないというケースもあるでしょう。

そんな時の為にも
私が同席する価値があるかと思います。

同席の目的はお互いの理解度のアップです。

プラス面だけでは理解度は半分。
マイナス面も含めて理解して貰うからこそ
ミスマッチを防げる訳です。

どうぞ上手く活用して頂ければと思います。

医師面接 医療機関面接 面接共通理解 医師面談 医師見学 病院面接 病院見学 ジーネット株式会社

何でもそうなのかもしれませんが、
隠す…という行為はその後プラスになりません。

逆にマイナス面も伝えるからこそ
信頼や安心に繋がるのではないでしょうか。

そのマイナス面が決定的であれば、
無理に繋がっても
おそらくその後に破綻する可能性は高いです。

であれば、早めにわかった方が良いですよね。

やっぱり良い面接って
お互いが腹を割って話し合う事なのでしょうね。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

関連記事