1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. 医療事故 知っておきたい実情と問題点

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

医療事故 知っておきたい実情と問題点

医療事故 押田茂實 医療裁判 損害賠償 救急医療 管理体制 医療訴訟 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

「医療事故 知っておきたい実情と問題点」
祥伝社新書 押田茂實 を読みました。

医療事故 押田茂實 医療裁判 損害賠償 救急医療 管理体制 医療訴訟 ジーネット株式会社

これはとても難しいテーマだと思うんですよね。

医療者の中でも喧々諤々がありそうですし、
そこに法律家が絡めば尚更です。

また素人に理解させるってのは
そう簡単ではないでしょうし、
法律にも医療にも詳しくない人の方が確実に多い訳で、
著者の苦心が伺えます。

Q&A形式を取り入れて、
とにかく少しでもいいから理解して欲しい、
わかって欲しいという
涙ぐましい努力が伝わってきました。

実際に私が読んでも
難しくてわからない部分はありました。

医療の専門用語までは理解できてませんし、
法律についても○○法の第△条なんて言われたって、
あ、そうなの…ってなもんです。

そんなレベルの私でも
何となくわかったような気になるように
非常にわかりやすく書かれていたのは
間違いありません。

事例が豊富なので、
その意味でも一般の方向けになっていると思います。

ただ、そうは言っても
この本のターゲットは、
医療者の方ではないかと思いました。

総論的に、
非常に幅広い範囲をカバーしていますので、
ご関心ある医師、看護師の方は
是非お手に取って頂ければと思います。

目次ですが…、

第1章 医療事故とは何か
医療の特徴
医療裁判
医療事故と法的責任
損害賠償

第2章 具体的な医療事故
輸血による医療事故
輸血拒否
与薬による医療事故
トロンビン与薬間違い事件
手術による医療事故
検査による医療事故

第3章 病院の管理体制
救急医療で起こる事故
管理体制と医療事故
医師による安楽死
異状死体とは…

第4章 医療裁判とは
医療裁判は氷山の一角
医療訴訟は長期化する
医療水準
カルテ改ざんと隠蔽工作

第5章 病院の医療事故対策
医療事故が起こったら…
真の事故原因の究明へ…
ニアミス、あるいは、「ヒヤリ・ハット」
リスクマネジメント
診療記録と看護記録

第6章 医療事故に遭ってしまったら
医療事故に遭ってしまったら
弁護士への依頼
医療関連の珍しい判決

以上のようになっています。

目次をご覧になっても
わかりやすさが伺えるのではないかと思います。

この本を読んで私が感じた事は、
下記3点です。

1、我々一般国民も医療への関心を持たないといけない。

2、医療には様々な問題、課題があるが、
それは医療者だけが責任を持つ事ではなく、
制度やシステムも含めて、
国の医療に対する姿勢の問題でもある。

3、医療事故、ミスのそもそもの原因を究明して
抜本的な対策を取らねば、事故やミスはなかなか減らないだろう。
勝訴しても大切な人が亡くなってしまえば意味がなく、
事故やミスが起こらない体制をどう作るかを考えねばならないと思う。

私ごときが
どうこう言う問題ではありませんが、
やっぱり医療は社会のインフラなんだと思うのです。

だからこそ我々一般国民も関心を持たねばならないですし、
医療者に責任を取らせればいいという問題ではないですし、
そもそもの原因を突き詰めねばならないと思います。

原子力発電という末恐ろしいものが
いつの間にか日本全国に建設され、稼働してきました。

私達はようやく震災で
甚大な被害が出てから気づきましたよね。

医療も同じような気がします。

あちこちの現場では悲鳴が上がっていますし、
残念な事故も頻発しています。

これがもっともっと進んでから
気づいても遅いと思うんですね。

その時には多大なる被害が
出ている事でしょうから…。

そうなる前に
声を上げていかねばならないのではないか。
そんな事を考えさせられた良書です。

お奨め度 ★★★★☆ とさせて頂きます。

それでは、また…。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事