1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医療機関の役職をどう考える!?

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医療機関の役職をどう考える!?

役職 内科部長 出世欲

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

最近の若い人は
出世欲がないと言われてますね。

私は、ない人もいれば
ある人もいるだろうし、
実際に出世してみると
意外といいもんだと
気付く人もいるんだろうなと考えています。

実際に私自身も若かりし頃に
出世欲があったかと問われれば
間違いなくなかったです。

主任という役職を貰い、
部下が1名ついた時も
これから大変だなあ…と思ってましたし、
徐々に部下が増えていった時も
それは喜びというよりも責任感の方が
大きかったですからね。

以前、あるベテランの医師と
お話しをしていた時に役職の話題になりました。

この先生は
ある病院の内科部長を務めてきた方なのですが、
訳あって他の病院に移りたいとの事でした。

今までの医師としての人生に
誇りと自信を持っていらっしゃる事はよくわかりましたし、
自負するだけの事は
確実にこなしてきた事も理解できました。

いろいろご希望条件を伺いながら
お話しを進めていたのですが、
「内科部長の案件ってのは結構あるものかな?」と
おっしゃるんです。

そりゃない事はないのでしょうが、
内科部長にこだわる理由が知りたくなりました。

すると、
「年齢と経験を考えれば
何らかの役職がついてないと格好が付かないんで…」と、
はにかみながらおっしゃいます。

少し意地悪な質問かな?とは思ったのですが、

「それは部長でないといけませんか?
例えば内科医長ではダメなんですか?
内科の科長はどうでしょうか?」
と伺ってみたなんて事がありました。

きっと病院によっていろいろでしょうし、
ある病院は整形外科の先生が3名しかいないのに
それぞれが、部長、医長、科長に
なっていらっしゃるという事もあったんです。

ある方は自分が望まなくても
そういったポジションに就くのでしょうし、
望んでも就けない方もいらっしゃるでしょう。

役職を持ちたいから仕事を頑張れる人もいれば、
仕事を頑張っていたら
自然と就いたなんて方もいるでしょう。

考えてみれば私自身も
今まで主任、係長、支社長、部長、
執行役員、取締役、代表取締役と、
いろんなポジションで仕事をしてきましたが、
あんまり役職って意識した事がなかったです。

さすがに社長になった時は
いろいろと思い悩みましたが、
他の方はどうなんでしょうか?

医療の世界でもいろんな役職があります。

同じ院長でも総合病院の院長と、
ご自身で開業した院長では
同じ院長でも意味合いが相当に異なるでしょう。

ビジネスマンの感覚とも違うでしょうし、
これからこの辺りは
学んでいかねばならないなとも思います。

私自身が役職ってものに
こだわりがなかったので、
同じようにこだわりがない方であれば理解がしやすいですが、
逆にこだわりがある方の思いも
理解してあげねば…と考えた次第です。

世の中にはいろんな求人がありますし、
その中には役職者を募集しているものもありますからね。

役職をどう考えるのか?
もう少し勉強してみたいと思いました。

役職 内科部長 出世欲

最近は役職もいろいろありますからね。

横文字の役職などはどっちが上なのか
よくわからないものもあったりします。

それぞれの組織や個人の考え方によって
だいぶ意味合いも違うので、
それぞれに応じた対応をしていきたいなとも思います。

医療機関の役職も
実にいろいろありますからね…。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

関連記事