1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. 学閥支配の医学

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

学閥支配の医学

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

タイトルですが、昨日読み終わった本です。
集英社新書 米山公啓さんの著書です。
神経内科医の方ですね。

ただ、少し古い本で2002年11月発行です。

いろんな先生方からも伺ってますが、
きっと医師の方も学閥や医局内の問題で
嫌な思いをした事のある方は多いのでしょう。

この本が出された頃と比較すれば、
相当に改革はされてきているとは思います。

でも、こういう問題って
外側から言うのは簡単だけど、
きっと内部が本当にその気にならないと
改善は難しいのでしょうね。

それか、国家の介入…なのでしょうか。
厚生労働省もあらゆる問題で混乱してますからね~。
すごく難しい問題です。

既得権を持った方がそれを手放せるのか?

ま、それはいいとして…
この本を読んで凄く良かったのは
日本の医療の歴史について学べた事です。

幕末から明治維新にかけて、
オランダ医学が日本では広まっていましたが、
1869年にドイツ医学に方向を転換しました。

臨床能力に優れると言われる
イギリス医学を推す人間もいたらしいですが、
最終的には立憲帝政国である
ドイツを真似ようという政府の狙い、
それとイギリス医学を推す薩摩藩と
オランダ医学を推す長州藩が
妥協し合ったという側面もあるそうですね。

そして、その後は東大医学部を中心に、
旧帝大が果たしてきた役割など…。
書き始めたら止まりません。

ある部分では、
なぜ今こうなっているのかのヒントが
書いてある気がしました。

「賢者は歴史に学び、愚者は自らの経験から学ぶ」

私など、知らない事ばかりですので、
どんな事でも歴史に学ぶ事は多いなあ~と感じました。

それでは、また。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事