1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 混合診療は推進すべきなのか?

BLOG

ブログ

医療業界全般

混合診療は推進すべきなのか?

混合診療 規制改革 保険診療 保険外診療 先進的医療 日本医師会 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

政府は規制改革の実施計画のひとつに
保険診療と保険外診療を併用する混合診療の推進について、
「今秋を目処に抗がん剤から開始する」と言っています。

素人目線では
高嶺の花であった
先進的な治療が受けやすくなるのではないかと
期待をしてしまう部分もありますが、
その一方で、
平等性に問題が出てくるという考えもあるようです。

正直、メリット、デメリットは
両方あると思いますが、
変化を恐れるのもどうかと思う部分もあったりしますし、
改革とは痛みを伴うものだという言葉に
怖さがあったりもして、
どっちがいいのか?
私にはわかりません。

そんな中、日本医師会が
非常にわかりやすいサイトを
作ってらっしゃいましたのでご紹介します。

<混合診療ってなに?>
http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/index.html

医師会は混合診療には反対の立場ですから、
混合診療を推進する事のデメリットについて
書かれています。

まあメリットは間違いなくあるのでしょうが、
そのメリットを享受できる人が
ごく一部だという事になれば
考えなければならないですね。

上記のリンク先には、
日本医師会の考え方を鮮明にする
下記ページがありました。

これが実に考えさせられる内容です。

<日本医師会は、混合診療の容認に反対します!>
http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/appeal.html

少し長いですが、下記に内容を記しますね。

社会保障を充実させることは、
国の社会的使命であることが
日本国憲法にも規定されています。

国が果たすべき責任を放棄し、
お金の有無で
健康や生命が左右されることがあってはなりません。

医療は、教育などと同様に
「社会的共通資本」であるという考え方を
私たちは持っています。

医療が、国民の生命や健康を
より高いレベルで守るという
公共的使命を強く持つものだからこそ、
すべての国民が公平・平等に
より良い医療を受けられる環境でなければなりません。

健康保険の範囲内の医療では満足できず、
さらにお金を払って、
もっと違う医療を受けたいというひとは
確かにいるかもしれません。

しかし、「より良い医療を受けたい」という願いは、
「同じ思いを持つほかのひとにも、
同様により良い医療が提供されるべきだ」という
考えを持つべきです。

混合診療の問題を語るときには、
「自分だけが満足したい」という発想ではなく、
常に「社会としてどうあるべきか」という視点を
持たなければならないと考えます。

混合診療は、
このような考え方に真っ向から対立するものだからこそ、
私たちは強く反対するのです。

いかがでしょうか?
きっと異論反論はたくさんあると思います。

ここに書かれている事は、
理想郷ではありますが、
現実的に一部では混合診療は存在する訳ですし、
社会的共通資本として同じだと言う教育にも、
確実に格差はある訳です。

お読みになった方々によって
様々な考えをお持ちになるのではないかと思います。

何だかこの文章、
私の心にはズシンと響きました。
いろいろ考えさせられます…。

混合診療 規制改革 保険診療 保険外診療 先進的医療 日本医師会 ジーネット株式会社

平等って何だろう…。
相互扶助の精神…。
自己中心主義…。

いつの世も
いろんな考え方の人が存在して
成立してきたんだとは思います。

ですが、国に余裕がなくなってきた昨今こそ、
経済的な側面や
効率重視だけでなく、
自由とか、平等とか、博愛とか、
先人たちが命を賭けて勝ち取ってきたものを
大切にせねばならないのではないか。

そんな事を考えました。

混合診療についても
今の私は賛成か反対かを述べる事はできませんが、
もっと多角的に、
そして深く、考えていきたいと思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事