1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 医師は転職を考え始めた時に何からすべきか?

BLOG

ブログ

医師転職

医師は転職を考え始めた時に何からすべきか?

医師転職 履歴書 職務経歴書 医師求人 医師転職マーケット 医師転職エージェント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日、全然転職なんて考えた事がないという
ある医師とお会いしました。

ですが、もし転職を考えた場合には
何から始めればいいのかな?と
ご質問を受けたんです。

そこで考えてみました。

1、履歴書や職務経歴書といった応募書類の作成
2、希望する求人やマーケットの情報収集
3、信頼できる相談相手探し

この3つでいかがでしょうか?

まず履歴書、職務経歴書の作成ですが
これは単に書類を作るだけでなく、
過去の経験を棚卸しし、
自らを振り返る事が重要です。

転職とは未来です。

未来をより良いものにする為には、
やっぱりどんな過去を過ごしてきて、
今現在はどういう状況で
今後どうしたいという夢や希望があって
それを叶える為にどうすべきか?という事を
考えないといけないと思います。

時間がない中で
取り合えずざっと書類を作るのではなく、
ご自身を振り返りながら
これからを考える。

そういうキャリアプラン作りと
考えて頂けると宜しいかと思います。

またその為にも情報収集は大事です。

自分自身の夢や希望に
社会的なニーズがなければ採用枠はありません。

ご自身で起業するのであれば別ですが
転職するなら
そこに採用枠がなければなりませんよね。

また誰もが生活が掛かっている訳で、
夢や希望を叶える為と言っても、
給与を大幅に下げなければならないのであれば
考えざるを得ないですね。

時期的な問題やタイミングの問題、
またマーケットにおける
流れのようなものも見極めてから
転職活動を始めるべきだとも思います。

昨今ではネットの中に
様々な情報が溢れていますが、
そこには信頼に足るものだけでなく、
ミスリードしてしまうようなものもありますので、
気を付けながら情報収集して頂きたいです。

そして最後に相談相手ですが、
まずはやっぱり身内です。

ケースバイケースですが、
両親、配偶者とは
極力方向性を合わせながら
取り組んだ方が良いです。

それと先輩や同僚も
貴重な情報源になりますし、
境遇を理解し合えるという意味では
相談相手にすべき対象だと思ってます。

まあ話せる人と
話せない人がいるとは思いますけどね。

それと友人も大切な相談相手です。

利害関係がなく、
仕事や職場を離れた友人は
冷静かつ客観的なアドバイスが貰える
貴重な存在です。

もしかしたら転職に
反対されたりもするかもしれませんが、
そういう意見も含めて考える事は
大事だと思ってます。

転職の仕方に
正解ってものはないのかもしれませんが、
原則とか基本というものはあるかと思います。
参考にして頂ければ幸いです。

医師転職 履歴書 職務経歴書 医師求人 医師転職マーケット 医師転職エージェント ジーネット株式会社

情報収集先や
相談相手のひとつとして
我々人材紹介会社のコンサルタントも
活用できると思います。

エージェントの役割とは
単に求人をご紹介するだけでなく、
本来は転職を誤らないように
導くというものがありますから。

中には求人中心で
どれに応募するか?ばかりの話しをする
コンサルタントもいるかもしれませんが、
そういう人間は見切り、
しっかりと相談相手になってくれる
コンサルとお付き合いするといいと思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事