1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. アリアドネの弾丸

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

アリアドネの弾丸

アリアドネの弾丸 海堂尊 医師キャリア 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

「アリアドネの弾丸」
海堂 尊 宝島社 を読みました。

アリアドネの弾丸 海堂尊 医師キャリア 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

順調に海堂作品を読んでおります…。
そして、どれも外しませんね~。

この作品もスリリングかつ
スピーディーな展開で
大いに楽しませて頂きました。

お奨め度は
素直に ★★★★★ とさせて頂きます。

私がこれまで読んできた海堂作品、
チーム・バチスタの栄光、
ジーン・ワルツ、
ナイチンゲールの沈黙、
螺鈿迷宮、
イノセント・ゲリラの祝祭、
ジェネラル・ルージュの凱旋などと比較すると、
今回のアリアドネの弾丸は
医療というよりも、
司法、特に警察について
書かれているように感じました。

とは言え、
登場人物達は過去の作品と同様でして、
医師や厚労省役人がメインですし、
大学病院が舞台になっておりますので、
違和感なく、
そして海堂さんらしい、
医療小説と言えるのではないかと思います。

内容自体は次のページをめくりたくなる
非常にワクワクしたものですが、
テーマは「医療と司法」という事になるのでしょうね。

医療と司法のせめぎ合い。

そんな感じに受け取りました。
文中にも「医療と司法は相性が悪い」なんて事も
書かれておりましたが、
本来であれば我々国民が
もっと真剣に考えねばならないものなのだと思います。

政治家達はみな医療の充実を公約にしていますが、
そんな簡単ではありません。

財政的な問題もあるし、
司法との絡みもあるし、
そもそも医療とは何ぞや?
生死とは?という根源的な部分にも
踏み込んでいかねばならないのではないかと思います。

その問題のひとつを
ストーリーにしてくれているのが
この作品です。

別に医療や司法に関心のない方でも
面白く読めますし、
関心のある方なら
とても考えさせられるのではないでしょうか。

個人的には以前の作品にもありましたが、
医療が厚生労働省の中に
入っていてはいけないように思っています。

医療省…。
医療庁…。
そういった組織が必要ではないでしょうか。

医療はお金や法律とは
一線を課した部分で、
考えなければいけないのではないかと思うのです。

もちろん完全に切り離してしまう事は
現実的ではありませんが、
少なくとも独立した組織で、
財務省や司法と喧々諤々の議論をした方が、
良いのではないかと思います。

しかし、ホント海堂尊さんの本は刺激になります。

そして、益々医療を
勉強しようという気持ちが湧いてきます。
心からお薦めできる本でした。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事