1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. 患者さんには絶対言えない大学病院の掟

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

患者さんには絶対言えない大学病院の掟

大学病院 掟 カラクリ

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

「患者さんには絶対言えない大学病院の掟」
中原 英臣 青春新書 を読みました。

大学病院 掟 カラクリ

え~、まずは目次をご覧下さい。

はじめに 日本の医療のすべてを仕切る大学病院のカラクリ
1章 日本一の医師不足は、なぜ都市部である「埼玉」なのか
2章 「小学生でもしない事故」が止まらない穴だらけのシステム
3章 データ無視の「基準値」でどんどん病人にされる日本人
4章 一流の大学病院であいつぐ院内感染のあっと驚く背景
5章 たった1カ月で112万円!ドル箱「延命治療」の裏側
6章 最先端のはずがもっとも遅れている!?大学病院の治療の実態
7章 病院のホンネがすぐわかる!「良い大学病院を選ぶポイント」
おわりに エリート医師の掟

正直に申し上げますと、
この本をどう評価すべきか、
少々悩んでおります。

いわゆる医療否定本…という範疇に入るような
入らないようなと微妙な気がしますし、
大学病院の内側を
暴露する本という側面もあるにはありますが、
目的はそれだけではないような気もしましたし、
評価が難しい本だと思いました。

ただ、内容は非常に面白かったです。

タイトルからは大学病院を叩きまくり、
溜飲を下げるような本かと思っていたのですが、
実際にそういう内容もあるにはありますし、
大学病院というシステムを
著者は毛嫌いしている部分もありますが、
それだけではない本なのです。

そこが、私が評価が難しいと思った点なのですが、
著者は大学病院云々よりも
患者の為に!という意識が
大変に強い方なんだと思うんです。

だから否定や批判も
素直に聞けるような感じを受けました。

医師が大学病院を
否定、批判するのは簡単だと思います。

私も大手の人材紹介会社を
否定、批判する事は容易にできます。

もっと言えば、
我々国民が政府や官庁を
否定、批判するのは簡単ですよね。

その否定、批判に意味がないとまでは思いませんが、
果たしてその価値はどれだけのものなのでしょうか?

否定、批判よりも
大切なものがあると思うんです。

その為には、
本質を見極めなければならないと思ってます。

本質…。

言葉では簡単ですが、
見極めるのはとても難しいです。

医療の本質。

この本は大学病院に対して
否定、批判していますが、
その本質を見誤っていないから
割と好感を持てながら読めたのかな。

そんな事を考えたのですが、
味わい深い本なだけに
簡単な評価がしにくいと思った次第です。

医療に関心がある方には良い本だと思います。

最終的には著者は
大学病院にはこのようにあって欲しいと
期待をしている点も良かったです。

単なる否定、批判本ではありません。

お奨め度は ★★★★☆ と致します。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事