1. HOME
  2. ブログ
  3. 失敗事例に学ぶ
  4. 新しい職場を慌てて探したばっかりに…。

BLOG

ブログ

失敗事例に学ぶ

新しい職場を慌てて探したばっかりに…。

新しい職場を慌てて探したばっかりに…。

 

新しい職場を慌てて探したばっかりに… 事例

ケース ①/48歳 脳神経外科医

何不自由なく、特に不満もなく、
とある市中病院にお勤めだったC先生。

ある日、病院経営者から
当院がM&Aされると発表があり驚愕…。

マ・マジか。
いったい自分たちはどうなるんだろうと心配になりました。

知人に相談すると
M&Aされても現場で働く人間にとって
必ずしも悪い事になる訳ではないだろう。

まずは今後の雇用形態がどうなるのか?
静観したらどうだと言われ取りあえず様子見。

実際に発表があってから
特に何も変わらずに日々診療は行われていたのですが…。

新しい経営者との面談の日…。
「脳神経外科は閉鎖する予定です」と言われ愕然…。
つきましてはC先生はリハビリ医としてご活躍頂きたい…と。

想定外の最悪の事態です。
しかも年収もダウンを提示されてしまい…。

これは飲めない。
嫌なら辞めろという事ではないか!?
さすがに怒り心頭のC先生。

慌てて転職活動をスタートしたのですが…。

[その後のC先生]

許された期間は1カ月…。
こういう時は大手エージェントが良いだろうと問合せすると
次から次への求人は出してくれます。

でもC先生の望むものとは全然違う…。

もう自分は何度も転職する年代でもないし、
腰を落ち着けて働きたいんだよ…。

そんな状況で弊社にお声掛けを頂きました。

最初の面談でC先生の望む職場を理解して
何と1件で決定。

C先生の望みを正確に把握したからこそできた事です。

転職後のC先生曰く、
「医局の雰囲気がいいんだよね。
他科との垣根もないし、
ここでなら長く勤められそうだな」と大変喜んで頂きました。

ケース②/39歳 小児外科医

地方都市の中核病院で働くW先生。

小児外科をメインにして外科全般をカバーしてきましたので
かなり多忙な毎日を過ごしてきました。

ところが実家の父の容態が悪く、
入院・退院を繰り返すようになり、
お兄さんは東京で働く身ですから、
自分が戻る事を考えねばならず…。

医局長には前々から相談をしておいたので、
理解をしてくれタイミングも任せてくれました。

問題は実家近くで働く場があるのかどうか…。
W先生の実家は某国立大学の医局の力が非常に強い地域。

地元のエージェントを使い、
いくつか面接に挑んだのですが、
なんと民間病院にも関わらず
大学医局に所属しないと入職できないそうで…。

[その後のW先生]

W先生としては父の件が落ち着いたら
今の病院に戻りたいと考えていて、
他の医局に所属する事は遠慮したいと考えており、
地元のエージェントからは、
それでは県内での就職は難しいと言われてしまい…。

そんな状況で弊社にご相談を頂いたのですが、
発想を変えて隣の県で通勤圏内の病院をリサーチしました。

するとW先生の事情を理解した上で
是非当院にお越し下さいと言う病院が見つかり、
W先生はその病院に決めました。

院長はじめ皆さんが暖かく迎えてくれました。

小児は少ないですけど、
成人のオペも勉強させてもらってますと満足して頂けています。


ケース③/52歳 内科医

雇われ院長して働くR先生。

毎日30~40名の患者さんに来院して頂き、
法人側とも上手くやっているつもりでした。

しかし理事長から売上に不満があると言われ、
ここのクリニックのポテンシャルを考えたら
もっと売上は上がるはずだ、
R先生の診察に問題があるんじゃないか?とも…。

このままだったらR先生の年収を下げざるを得ないとも言われてしまい、
正直カチンと来たR先生。

だったら他でもっといい職場を見つけてやると転職活動開始。

最初はここの法人を紹介してくれたエージェントに声を掛けたそうです。
しかし法人との関係もあり、
のらりくらりとしか動いてくれないらしく、
R先生としては焦ってきて弊社にご相談を頂きました。

[その後のR先生]

R先生とは残るという選択肢も含めて
かなり突っ込んだ議論をしました。

出てきた答えは、
自分のクリニックを持ちたいというお考えです。

もう1歩開業に踏み切れなかったのは
断固たる決意を持てなかったから。
しかし今度の事で、やってやろうと思えた…と。

他の雇われ院長の求人を見ても、
きっと同じだろうなと思うし、
今さら病院に戻るという選択肢もしっくり来ない。

お宅に相談して良かった。
転職、開業の両方をサポートしているから
視野の広いアドバイスをしてくれた。

目が覚めたよ、有難う!と
開業準備をスタートする事となりました。

 

新しい職場を慌てて探したばっかりに…。

 

関連記事