1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 好きを仕事に!でいいのか?

BLOG

ブログ

医師転職

好きを仕事に!でいいのか?

好きを仕事に 医師転職 医師求人 医師キャリア キャリア選択 売り手市場 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

今日のタイトルですが、
ここ数年ずっとそんな
流れが強かったですが、
そろそろ終わりを迎え
いるのではないかな?と
個人的に考えてい
る事でもあります。

組織開発論の大家と言われる
エドガー・シャイン
さんは
キャリア選択について
下記の3点を熟慮
すべきであると
述べていたそうです。

1、自分は何が得意か?
2、自分は何がやりたいか?
3、社会的な意義があると感じるのはどのような活動か?

また、キャリア論の専門家として知られる
マイケル・アーサー氏も近い事を述べていて、

① 自分ならではの強みはあるか?
② 自分が何かをしたいと思うとき、なぜそれがしたいのか?
③ 自分はこれまで誰とつながり、どのような関係を築いてきたか?

とかなり似たような感じですね。

自分のキャリアをどう選択していくか?の時には
上記を考えよという事なのですが、
果たしてそうでしょうか?

私が思うに、
上記にご紹介したものの全ては
主語が自分になっておりますね。

自分の好きな事、
得意な事を仕事にしましょうという
ニュアンスだと思うのですが、
一見説得力がありそうに思えるものの、
この点に固執してしまうと
かなり危険なようにも思うんです。

第一、好きな事ってそんな簡単にわかりますか?
得意な事って自分で把握できてますか?
社会的な意義って何ですか?
自分が今まで築いてきたものって何ですか?

こういう事って、
何年も何十年も働いてみないと
わからないのではないかと思うんです。

いや、実際にはわかった!と思っても
数年経つとやっぱり違ったなんて事にもなりかねない訳で、
その度に転職していたら
それこそ職歴が汚れてしまうだけですね。

仕事の面白さって、
やってみなければわからないという部分は大きいですし、
毎日つまんねえなあと思いながらやっている事が
ある時を境にして
急激に面白くなってくる事もあると思うんですね。

自分探しの旅をして、
本当の自分を見つけられたなんて方は
少ないように思います。

むしろ旅先でいろんな方と出会って、
いろんな人生のあり方を見て、
自分とその外とのギャップを知り、
外の世界を許せるようになるとか、
そういう事に価値があるのではないかと思うのです。

仕事は何のためにするか?
果たして自分の為でしょうか?
そりゃ自分の為がない事はないでしょう。

ある部分やある側面では
間違いなく自分の為であるとは思います。

ただ、仕事の成果は
必ず誰かの為になる訳でして、
そうでなければフィーが発生しません。

私は、そろそろ主語を
自分から相手に
変えねばならなくなってきていると思います。

そうすれば好きを仕事にとか
言ってられなくなるように思うんです。

そして、それは明らかに価値に繋がると思いますし、
ライバル達との差別化にもなるのではないでしょうか。

好きを仕事に…。
転換期に差し掛かっているような
気がしてしょうがありません。

好きを仕事に 医師転職 医師求人 医師キャリア キャリア選択 売り手市場 ジーネット株式会社

誰の為に、何の為に仕事をするのか?

そこを出発点にして、
その中で自分に何ができるのか?
どういう面で貢献できるのか?

こういうロジックを組み立てねば、
余程の売り手市場でない限り、
就職や転職は
間々ならなくなっていくのではないかと思ってます。

医療は売り手市場ですが、
そもそも患者の為にという目的が
しっかりしていますからね。

さて、これからどんな変化が訪れるのか…。

楽しみにしながらも、
自分自身がその変化の波に
乗っていけるようにしていきたいものです。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事