1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 何科が多いの?

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

何科が多いの?

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

医師を中心に、
転職支援の仕事を長くしていますと
様々な質問を頂くんです。

その中のひとつに、
「何科が多いの?」とか、
「何科が強いの?」というものがあります。

これはやはり数としては、
メジャー科目と言われる内科、外科は多いですね。

求人も求職者であるドクターも一緒です。

だからと言って内科が多いとか、
外科が強いという単純なものでもありません。

結論から言って、
うちなどはどの科も多いですし、
何科でも強いと言いたい所ではあります。

数年単位で見ると結果はそうなるんです。

もちろん、ある時期だけを見ると、
最近なぜか皮膚科の先生と出会うなあとか、
どうも呼吸器内科の求人が入ってくるなあとか、
時期的には多少の相違はあります。

でも、押しなべて考えると
どの科も万遍なく先生と出会いますし、
どの科の求人もそれなりに頂く訳です。

ただ、大手さんと違ってうちなどは、
いわゆるメジャー科目だけでなく、
マイナー科目と呼ばれる先生方から
依頼を受ける事が多いように感じています。

時には先生ご自身から、
私のような診療科目の
求人は多くないと思うのですが…なんて
言われたりもしますが、
求人数は少なくとも応募者も少ない為に、
意外と良い求人が残ってたりもするものです。

私自身、過去だいたいの診療科目については
携わった事がありますが、
まだまだ全てとは言えません。

どんな科目でも
きちんと対応できるように
しっかりと勉強はしておかねば…と考え、
日々学びを積み重ねております。

最近は医師だけでなく、
看護師、薬剤師、臨床工学技士、
救急救命士、管理栄養士といった
医療従事者の方から
ご相談を頂く事も多くなってきました。

うちはオーダーメード型の人材紹介をする方針ですので、
前述した職種だけでなく、
真剣にご自身の未来を考えている医療従事者の方であれば
お手伝いをしていきたいと考えています。

このオーダーメード型ってのがポイントで
ご登録後、すぐに何件もの求人を紹介したりするのではなく、
本当にご希望にマッチした求人をご紹介します。

本当にマッチしたものってのは、
そうある訳ではありませんから、
各医療機関に個別にアプローチをします。
その辺りがオーダーメード型の特長ですかね。

とは言え、中心は医師ですし、
どの科目でも傾向と対策をしっかり押さえ、
単なる求人紹介に留まらず、
人生の転機にご支援する責任と
幅広い視点を持って取り組みたいと考えております。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事