1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 医師との上手な付き合い方!

BLOG

ブログ

医療業界全般

医師との上手な付き合い方!

医師との上手な付き合い方 セカンドオピニオン かかりつけ医 モンスターペイシェント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターを運営する
ジーネット株式会社の小野勝広です。

ずいぶん前になりますが、
下記のブログを書いた事があります。

<新・医者にかかるための10箇条!>

似たようなものかもしれませんが、
なるほどと思う10箇条を見付けましたので、
ご参考になればと思いご紹介致します。

<医師との上手な付き合い方!>

1、
風邪などの軽度な症状では、
大きな病院ではなく
近くの診療所(かかりつけ医)を活用する。

2、
どのような症状がいつから始まったのか、
過去の病歴、現在服用している薬など、
初診時にはメモに書いて持っていく。

3、
医師も1人の人間であると考え、
コミュニケーションを密にとる。

4、
一方的に自分の考えを医師に押し付けない。

5、
医師の話しにはよく耳を傾ける。

6、
疑問に思ったことは、その場で質問する。
あらかじめ質問内容をメモして持参するのもよい。

7、
自分本位で理不尽な怒りを
医師や看護師にぶつけない。
逆に医療従事者からぶつけられた場合は、
そこの施設はよくないものと判断できる。

8、
診断確定後にも症状が改善しない場合は医師と相談し、
セカンドオピニオンを受ける。

9、
軽症と自覚しているのに
夜間救急を利用するのは避ける。
子どもの症状で軽症か迷ったときには、
自治体が設置している夜間電話相談を利用する。

10、
診断や治療がスムーズに行われたならば、
医師やスタッフに感謝の気持ちを言葉で伝える。

いかがでしょうか?

もし、この10箇条を全国民が遵守したとするならば、
日本の医療は相当に健全化するのではないかと思います。

財源の問題もかなり解決の方向に進むでしょうし、
医師や医療機関に対する不信感も払拭できるかと思いますし、
モンスターペイシェントなどもかなり減少するでしょうし、
医師と患者の関係性も劇的に良くなるのではないでしょうか?

なんてすべてがバラ色になるとまでは言いませんが、
方向性としてはこうあるべきではないかと思うのです。

人は病気や怪我から逃れられません。
ですから、医療機関に全くお世話にならない方なんてのは
ほぼいない訳ですね。

どうせお世話になるなら、
良い形でお世話になりたいものですよね。

医師との上手な付き合い方。
覚えておいて損はないと思います。

医師との上手な付き合い方 セカンドオピニオン かかりつけ医 モンスターペイシェント ジーネット株式会社

ちなみに、この10項目も先日来ご紹介している
<最新 病院のすべて>からの引用です。

訴訟を起こしたり、
クレームを付けたり、
責任を転化したり…、
そういった事の全てを否定するつもりはありませんが、
医療は我々国民全体で守らねばならないものだと思うのです。

であれば、この10の項目を
1人1人が意識していく必要があるのではないかと思いました。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事