1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 訪問診療を今こそ応援すべき!

BLOG

ブログ

医師転職

訪問診療を今こそ応援すべき!

訪問診療 在宅医療 往診 医師 医師転職 医師転職エージェント 施設訪問 居宅訪問 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の皆様ご自身が
気づいていないポテンシャルをご提案する
ジーネット株式会社の小野勝広です。

施設への訪問診療の診療報酬の点数が
1/4に下がった…。

訪問診療の業界では衝撃的なニュースでした。

まったくお役人ってのは
机上の論理でしか物を考えていないんだな…という
証明でもあるかと思うのですが、
実際に施設では今まで来ていた医師から
もう行けないと言われた…なんて事態が
起こっているようです。

実際に施設診療を止めたクリニックも
かなりあるようですね。

しかし…。

その一方で今までと全く同じに施設に対しても
訪問診療を行っているクリニックがあります。

この逆風下にあえて施設からの受注を取ろうと
積極的なクリニックもあります。

私がお付き合いしている訪問診療クリニックの
経営者の方は非常に志が高い。

正直、数年前までは訪問診療は
医師の中でもちょっと変わり種というか、
王道ではなかったと思います。

それが診療報酬が高い時期を経て、
収入が結構良く、
金儲け至上主義のような方の
参入が増えてしまいました。

そこでこの診療報酬改定…。

今、この時期に
真摯に訪問診療をしているクリニックさんや
その経営者、勤務する医師。

私は死ぬほどに応援しようと思ってます。
地域医療の本物の担い手です。

この人達を応援しなければ、
厚労省が進める病院から在宅へという流れは
確実に失敗に終わるでしょう。

本気の訪問診療。

この担い手を守らねば…と
勝手に強く思ってます。

訪問診療 在宅医療 往診 医師 医師転職 医師転職エージェント 施設訪問 居宅訪問 ジーネット株式会社

先日、ある先生が
訪問診療クリニックでのご勤務を
決断されました。

私は個人的にとても嬉しかったですし、
この先生が今まで急性期の最前線でご活躍してきて、
セカンドキャリアとして
訪問診療を選んだ事に
拍手を送りたいと思いました。

またある先生が定期非常勤先に
訪問診療を選びました。

お若い先生だったのですが、
院長の、退院後の患者さんが
どういう生活をしているのかを知るのは、
急性期で働く医師として知っておくと
ご自身の考え方、業務の進め方が
大いに変わりますというお言葉に
刺激を受けて行く事になりました。

訪問診療。

慢性的な疾患はあっても、
いわゆる病人ではないし、けが人でもない。

そういう方への医療。

高齢化社会が益々進む我が国では、
実に重要なのではないかと考えております。

未経験だけど訪問診療に関心がある。
そんな医師、歯科医師、看護師の皆様。

是非お気軽にお問合せ下さい。
訪問診療を心から応援する私が
ご支援させて頂きます。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事