1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 救急車の有料化について

BLOG

ブログ

医療業界全般

救急車の有料化について

救急車の有料化 特定指定病院 日本病院会 救急指定病院 救急車をタクシー代わりに ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の転職パートナーを目指す
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日、救急車利用の有料化に
救急指定病院の約半数が賛成していることが、
日本病院会の調査で明らかになったという
ニュースがありました。

<救急車有料化、
救急指定病院の半数が賛成-
日病調査>
https://www.cbnews.jp/news/entry/42820

調査は昨年7月~11月に、
1759カ所の救急指定病院を対象に行われ、
654病院から回答があったそうです。

有料化に賛成なのが46.2%、
反対が29.2%。

ん~、この数字をどう考えるべきなのか?

そもそも回答したのが
調査を依頼した病院の半数以下、
それも大幅に下回っている訳ですから、
このデータをそのまま鵜呑みにするのは
危険かなとは思います。

しかし、少なくとも
有料化に賛成している病院の方が
反対している病院より多いという事は
間違いのない事な訳で、
問題はなぜ?という部分なのだろうと思うんです。

記事ではこのなぜ?の部分が明記されていないですが、
以前に書いた下記ブログにあるような理由なんだろうと
想像はできますね。

<救急車をタクシー代わりにするな!>
https://gnet-doctor.com/archives/4730

病院側も忸怩たる思いがあるでしょうから
有料化をすることで、
軽症の方や、
それこそ救急車をタクシー代わりにするような輩を
排除したいという気持ちはわかります。

しかし実際に有料化する段階では、
結構手の平を返して
反対する病院も多いような気もします。

結果的に、本当に必要とする患者が
不利益を被る事も考えられ、
となると病院側も現段階では
机上の論理で賛成するものの
実現しそうな段階では
反対に回るような気がするのです。

まあそんな事はそうなってみないとわかりませんが、
少なくとも救急車が有料化される事で
利用者が健全化されるのであれば
致し方ないのかもしれませんね。

これもごく一部の不届き者のおかげでありますな。
完全な社会悪です。
不届き者の皆さん。

どうやら世論は
あなた達を野放しにはしないようですよ。

ってか、即刻辞めて下さい。
おそらくそろそろ最後通告ではないかと思います。

救急車の有料化 特定指定病院 日本病院会 救急指定病院 救急車をタクシー代わりに ジーネット株式会社

とは言いつつも、
私は救急車に関しては小児及び高齢者以外は
有料化も致し方ないかと思っています。

このように限定する事も難しいのかもしれませんが、
そうせざるを得ない
状況になってしまっているのでしょうね。
悲しい限りです…。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事