1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医局を離れるという決断…。

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医局を離れるという決断…。

医師転職 大学医局 退局 医局を離れる 医師キャリアプラン 白い巨塔 医師紹介会社 医師転職エージェント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の幸せを追求する転職を実現したい
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私どもにご連絡頂けるドクターを
無理矢理に3つに分類します。

1、医局をすでに離れた医師
2、医局内にいるけど離れる事を検討している医師
3、医局におり、離れる事は考えていない医師

こんな分類の仕方ができるかと思います。

もちろん、どれが良くて
どれが悪いなんて事はないです。

で、私のような仕事をしている人間が
この3つの先生方の
どの方とお会いする事が多いか?ですが、
どれだと思われますか?

おそらく、1とおっしゃる方が最も多く、
2という方がその次で、
3という方はあまりいらっしゃらないと思います。

そして、それは正解です。

やはり1か2の先生が、
大半ですが
その割合はだいたい同じくらいです。

つまり医局を離れたドクターだけではなく、
これから離れたいという
ドクターも結構多いという事です。

これは弊社が求人主導型ではなく
キャリアプラン主導型の転職支援を行っており、
相談業務に力を入れているからかもしれません。

また、これは意外と思われるかもしれませんが、
3のドクターも全くやり取りがない訳ではなく、
お電話やメールで相談を頂く事が結構あります。

「3年、5年というスパンで考えており、
当分先の事になりますが…」

「情報収集だけはしておきたいので…」

なんていうご連絡、ご相談を頂く事も
時々あります。

私思うのですが、
医局というのは
過去とてつもない存在価値があったと思います。

現在でも一部で
その存在価値が薄れた部分もありますが、
依然として社会にとってプラスとなる部分は
かなりあると思うのです。

私がお話しさせて頂いた医師の方々も、
医局を離れた方も、
医局を離れたいと思っている方も、
何もかもを否定する方はほとんどおりません。

では、何が問題なのか?

私は当然医局に在籍した事はありませんので、
本当の所はわかっておりませんが、
「選択肢がない」ことなのではないかと
考えております。

人事、処遇、役割、ポジション…など、
決まった事に異を唱える事がイコール、
嫌なら辞めてもらっていいんだよ…的に
なっているのではないでしょうか?

それこそ白い巨塔のような教授絶対な世界。

そして、私どものような
医師の人材紹介会社にご登録をされる先生は、
医局の言いなりにならなくたって、
自らの望む条件、
環境の勤め先病院は見つかるという事に
気付かれている…。

そんな風に思います。

医局の中にいないと実現できない事、
関われない事、
そういう事ってたくさんあると思います。

でも、医局の中にいるから実現できない事、
関われない事、
そういう事もあるんですよね。

だからこそ、
私は弊社にご相談を頂く先生方には、
1度お会いして
じっくりお話しさせて頂く事を求めています。

その先生の考え方、
医師としての目指す道、
ビジョン、プライべートな事情。

そういう事を把握させて頂きます。

医局の中に残るか、出るか、
これに正解はないです。

ないからこそ、
アドバイスをさせて頂く立場としては、
個別の問題を把握させて頂きたいのです。

それによって、
転職しない方がいいですよと
アドバイスする事もあれば、
どのタイミングでどういう病院へ行くべきだと
アドバイスさせて頂く事もあります。

医師転職 大学医局 退局 医局を離れる 医師キャリアプラン 白い巨塔 医師紹介会社 医師転職エージェント ジーネット株式会社

よく、お問合せを頂いて、
ホームページに掲載している求人案件の事だけ
お尋ねされる方がいます。

もったいないです。

今ある中から
次の勤め先病院を探すよりも
先生の希望に合った病院を
探した方がいいと思うのです。

例えイチからでも…。

よほど難しい条件がない限り、
今医師が転職やアルバイト先を探そうと思えば
100%の確率で見つかる時代です。

であれば、
氷山の一角として見えている部分だけでなく、
水面下で見えている部分よりも
圧倒的に大きいマーケットから探した方が
結果的に希望は叶うと思います。

実際に、今ないご希望の求人案件でも
私のようなコンサルタントが
いくつかの医療機関にアプローチすることで
ピッタリの求人がポッと出てくる事は多いです。

また、勤務条件も交渉次第で
希望に沿ったものに変わる事もあるのです。

少なくとも、職場探しだけは
医局内にいなくても
充分にできる時代になってきていると感じます。

そして、NOを言える、
つまり選択肢が広がるという意味では
我々人材紹介会社の
存在意義もあるのではないかと思います。

たくさんの医師のお役に立てるように
これからも頑張ります!

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事