1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 若手医師とオーベンとの関係はいつまで続く?

BLOG

ブログ

医師転職

若手医師とオーベンとの関係はいつまで続く?

オーベン 指導医 医師転職 医局の存在意義 ドクター人生 研修医 若手ドクター 中堅ドクター 医師転職アドバイス ジーネット株式会社

おはようございます。

医局の存在意義が
良くも悪くも変わっていく中で、
個々の医師も自分のドクター人生を
どうしていくのか悩ましいですね。
そんな方々に寄り添い、並走する
ジーネット株式会社の小野勝広です。

今日のブログは
オーベンとの関係はいつまで続く?
というお題にしました。

オーベンとは、Oben(ドイツ語)であり、
研修医を指導する医師のことを言います。

医療業界以外の方は
ご存知ない方が多いですよね。
日本語にすれば指導医となるのでしょうか。

最近、ご相談を受けた先生方の中にも、
「オーベンだった先生から
お誘いを受けて転職をしました。」
とか、
「尊敬できる先生でしたので、
その先生の後を追い掛けたいと思い病院を移りました。」
というようなお話しを伺いました。

これはビジネスマンの世界でも
時々ある事ですね。

上司が独立するので、
その会社で働く事に決めたとか、
先輩の転職先で
自分もバリバリ仕事をしたいと思って…などです。

私個人的には素晴らしい事だと思いますし、
とても羨ましい事でもあります。

それだけ共に仕事をしたい!と思える先輩や
上司と出会えた事は、
ある意味では奇跡のような事ですし、
なかなかあるようでないお話しだと思います。

居酒屋で上司や先輩の愚痴を言っているより
何百倍も素晴らしいですね(笑)。

ただ、人の世界…難しいのは、
自分が段々と年齢を重ねて、
経験を積んでいくと、
いつの間にか自分自身が
オーベンや上司、先輩の側に
立ってしまうんですよね。

こればかりは致し方ないです…。

ある先生が、
「今までの転職は尊敬できる先生がいるとか、
この人と一緒に働いてみたい、という観点で
職場を決めていましたが、
これからはこの決め方は改めていかねばならないと、
思っています。」
と、おっしゃっていました。

この先生も若手ドクターから
中堅ドクターに差し掛かっている方ですので、
仰る通り!と思いました。

人は成長します。
成長すれば周囲の環境も変わります。

今までは若手として、
上司や先輩の後ろを付いていれば良かったものも、
成長すると自らが上司や
先輩になっていかねばなりません。

それでいいのではないでしょうか?と言うか
そうならざるを得ないんですよね。

いくつになっても
上司や先輩達とは
仲良くお付き合いできた方がいいですし、
過去の上司や先輩からの教えは
宝物だ思うのです。

今があるのも
そういった方々のお陰でもありますよね。

しかし、その上司や先輩を
技術や知識、経験で追い抜く事だってあると思います。

でも、上司や先輩である事には変わりありません。

なので、このタイトル、
オーベンとの関係はいつまで?の答えは
「永遠」というのが
ひとつの答えではないかと思います。

きっと今オーベンの先生を尊敬し、
信頼している若手のドクターも、
いずれ後輩ドクター達に
そう思われる存在になっていくのでしょうからね。

まあ転職という機会でも
きっといつの間にやらオーベンや
諸先輩方のアドバイスより
ご自身のプランの方が
重要になっていくものなのでしょう。

そうやって成長していくのが正しいとも思います。

オーベン 指導医 医師転職 医局の存在意義 ドクター人生 研修医 若手ドクター 中堅ドクター 医師転職アドバイス ジーネット株式会社

私自身が今まで上司や先輩を
大切にしてきたかと問われると
YESとは言い難いです…。反省です。

でも、教えは忠実に守っていると思います。

意外なひと言が頭に響いて残っていたりもします。
この場を借りて有難うございます!と言いたいです。

皆さんは私のようにならないように、
オーベンや上司・先輩とも
いい関係をいつまでも!結んでいて下さいね。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事