1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 石の上にも3年、であれば医師は大学医局に何年いるべき?

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

石の上にも3年、であれば医師は大学医局に何年いるべき?

医師キャリアプラン 大学医局 医師転職支援 クリニック開業支援 医師人生プラン 医師人生設計 上下関係 若手医師キャリア 大学医局を退局 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の転職支援、開業支援をしている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

今日のタイトル…、
えっと、別にふざけている訳ではないのですが、
ある若手医師に
「医局には何年位いるべきだと思いますか?」
というご質問を受けた事があるのです。

実は、若手ビジネスマン(ほぼ新卒に近い)からも
似たような質問を過去受けました。

ビジネスマンには、取りあえず
「石の上にも3年と言うように、
最低でも3年はいた方がいいし、
そこで基礎をどれだけ身に付けるかで
その先が変わりますよ」というような
お話しをしてきました。

さて、医師の場合はどうでしょうか?

医局という存在が、
新卒で入社した会社と
同じように捉える事はできません。

またビジネスマンのように、
ひとつのスキルが他業界でも通用するとか、
そういう問題でもありませんから、
医師の場合は答えに窮するというのが
私の本音です。

ただ、その先生によって
多少のアドバイスはできます。

それは、その先生の志向性と望む未来から
はじき出すという事です。

つまり一緒にキャリアプランニングを考えれば、
自ずと○年くらいという事は言えると思います。

ただ、それが正解なのかどうかはわかりません。

なぜなら望む未来と、
医師としての本道が一致していない
可能性があるからです。

これを一致させようとするのであれば、
望む未来を修正したり、
微調整したりしなければならないと思うんですね。

私のような仕事をしていて、
こんな事を述べるのはどうかと思いますが、
私は医局にはいれるだけいた方が良いと思ってます。

学位を取るとか、
専門医を取るとか、
そういう目的があるなら、
取得までは頑張った方が良いと思います。

激務に疲れた…なんて話しもよく伺いますが、
逆を言えば、疲れるまでは
いた方が良いのではないかと思います。

医局にいる必要がなくなるまでは、
在籍した方が良いと思うんですね。

いる必要がないのに
在籍するのはどうかと思いますが、
これが自分の道だというものが
見つかるまではいた方が良いでしょうし、
離れるべき時が来るまではいていいと思います。

最近の若手医師の中には、
明確なプランと目的を持って
医局を早期に離れる方がいます。

これはこれで良いと思います。

ですが、特にプランもなく、
何となく医局の居心地が良くないから…というような
安易な理由で医局を離れるのはどうかと思うんです。

医局での経験というのは
将来に渡って
ジワジワと効いてくるものだと思います。

いつ離れるか?を考えるのではなく、
将来はどんな医者になりたいのか?
どんな医療を提供したいのか?
5年後、10年後に
どんな人生を送りたいのか?
そういう事を考えるべきだと思うのです。

それが明確になれば、
医局にいるべき期間も
自然と見えてくるのではないでしょうか?

いずれにしても、
特に目的がある訳ではないのに、
上下関係が嫌とか、
先が見えないとか、
安易な理由で医局を抜けるのは
避けた方が良いと思います。

キャリアプラン。
人生プラン。

医局云々ではなく、
考えるべきはこっちだと思うんですよね~。

医師キャリアプラン 大学医局 医師転職支援 クリニック開業支援 医師人生プラン 医師人生設計 上下関係 若手医師キャリア 大学医局を退局 ジーネット株式会社

石の上にも3年。

昔の人はいい事言うなあと思う反面、
昨今ではこの言葉の持つイメージが
変わってきているようにも感じます。

基本って大切です。

最初の訓練を
きちんと積んできたかどうかは
一生付いて回る問題ですしね。

医局以外でも
良い経験を積める場所はありますが、
様々な面で大学医局が有利なのは間違いないです。

人生設計。
キャリアプラン。

ここを考えた上での
決断をして頂きたいなと心より思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事