1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. ご縁とお役目

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

ご縁とお役目

ご縁とお役目 矢作直樹 書評ブログ 医師転職 クリニック開業 医師転職エージェント 医師紹介会社 ジーネット株式会社

おはようございます。

医療系の人材紹介会社のコンサルタントの中には、
医療を知らないどころか、
興味すら持っていない人間もいますが、
医療は人のすべてという言い方もできる
非常に奥深いものであり、
私は医師、看護師との会話を良いものにする為にも
学び続けていきたいなと考えている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

「ご縁とお役目 臨床医が考える魂と肉体の磨き方」
矢作直樹 ワニブックス を読みました。

ご縁とお役目 矢作直樹 書評ブログ 医師転職 クリニック開業 医師転職エージェント 医師紹介会社 ジーネット株式会社

東大の救急医学分野の教授であり、
附属病院の救急部・集中治療部の部長という
第1線の医療現場で活躍する医師の本。

単なる医療本という範疇を超え、
魂の世界や生とは何か?死とは?を
考えさせてくれる内容。

非常に勉強になりました。

私は、日本の医療が
崩壊しつつあると言われている中で、
その要因のひとつに、
あまりにも死が我々の中で
遠いものになってしまった為に、
死を受け入れられない患者側の責任、
いやそういった社会風土に
問題があると考えております。

それが正しいのかどうかはわかりませんが
ひと昔前は、祖父や祖母と一緒に暮らし、
そして亡くなる姿を目の前で見る場面があり、
子供は子供なりに、
青年は青年なりに、
大人は大人なりに、
死を受け止めてきたのだと思うんです。

しかし、現代社会は
臨終の瞬間に立ち会う事が減る一方で、
死というものの本質から遠ざかるばかりですよね。

どっちがいいのかはわかりませんが、
少なくともその弊害は存在し、
特に医療現場では、
それがモンスター化や
医療への過度な期待などに
繋がっていると思うんです。

でもいくら医療が進化しても、
人はいつか死ぬという事からは逃れられない訳で、
我々は死というものについて
日頃からもっと考え、
感じていかねばならないのではないかと思ってます。

そんな私の考えは、
ふわっとしたものであり、
抽象的と言わざるを得ないのですが、
本書は、その意味や意義を
問うてくれているように感じました。

ある人には宗教めいているとか、
スピリチュアルの世界だとか、
そういった評価になってしまうとは思いますが、
私はそれをも含めて人の本質、
生の大原則について気付かせてくれる
良書のように思いました。

本書に書かれている事が
絶対的な正解だとは思いませんし、
おそらく著者もそうは考えていないと思います。

著者の主張は
決して押し付けがましくありませんし、
むしろこういった考えもあるけど
みんなはどう考える?と、
今まで近寄りがたかった世界に対して、
考えるきっかけを与えてくれているように
受け止めました。

生と死。
ご縁とお役目。
魂と肉体。

経済原理の中で生きざるを得ない私たちは
いつの間にか失ってしまっている
大切なポイントのように思います。

本書を読むことで、
どう生きるか?
死をどう考えるか?という
人としての根本に立ち返る事が
できるように感じました。

最後に目次をご紹介します。

第1章 寿命とは「魂を磨く期間」でも
    ある人生を生き切るための三つの言葉~
第2章 私たちの魂は死ぬことがない
    ~身体は「天にお借りしている」ことを知る~
第3章 健やかに生きる
    ~健全な精神と大事な身体に感謝を~
第4章 社会における私たちのお役目について
    ~ご縁があるからこそ、思いは実現へと近づく~

おススメ度は ★★★★☆ と致します。

仮に本書を全国民が熟読したら、
日本の医療崩壊の速度は
確実に遅くなると思います。

医療をどう考えるか?

そこには、生と死を
意識の中に置かねばならなくなると思うのです。

そこを意識の中に置けば、
過度な医療への期待や、
バカげたモンスターの存在、
何でもかんでも医療訴訟といった出来事は
大いに減少するように思います。

死ぬって何なの?

こういった哲学的な問いに
自分なりの答えを
見つけねばならないのではないか…。
そう痛感しました。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事