1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントの見極め
  4. 医師の個人情報を持ち出すエージェントなど紹介免許をはく奪せよ!

BLOG

ブログ

コンサルタントの見極め

医師の個人情報を持ち出すエージェントなど紹介免許をはく奪せよ!

医師紹介会社最大手 個人情報 登録医師 医師転職 医師アルバイト 医師個人データ 職業紹介免許 スポットアルバイト 悪質紹介会社 医師の敵 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の転職シーンに関わる人間として、
個人情報保護やコンプライアンスには
高い意識が必要と思う
ジーネット株式会社の小野勝広です。

本当に恥ずかしい話しです…。
同業者として情けない…。

まずは先日の下記ニュースから。

医師紹介会社最大手「●●●」(東京都新宿区)から、
登録医師ら1万7千人分の情報を持ち出したとして、
警視庁は14日、
元同社社員の三上兼吾容疑者(36)
=東京都日野市豊田2丁目=を
不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで逮捕し、
発表した。

「弁護士が来るまで話さない」と話しているという。

サイバー犯罪対策課によると、
三上容疑者は●●●社で
システムエンジニアとして働いていた2012年5月、
会社のサーバーか同社に登録していた医師や看護師
1万7千人の氏名や連絡先など、
営業秘密に当たる個人情報を不正に取得した疑いがある。

データの一部は、
●●●社の元代表が設立した
別の医師紹介会社(東京都渋谷区)への
家宅捜索で見つかったものと同一で、
警視庁は三上容疑者が持ち込んだとみている。

●●●社は医師らによって00年に設立され、
転職やアルバイトを希望する医師を
24時間態勢で病院側に紹介している。

同社によると、
累計の紹介件数は65万件を超えるという。

武士の情けで敢えて社名は伏せましたが
ニュースでは社名入りで出てますので、
ご興味ある方はご確認下さい。

まったく偽の医者に気付かずに紹介したり、
医師の個人データを平気で持ち出したり、
どうなってんだこの業界は…と
言われても弁解の仕様がありません。

個人的にはこういった事件を起こした会社は
職業紹介の免許をはく奪すべきだと思ってますし、
事業を継続する事を許してはいけないと思ってます。

この件では、
元代表が設立した医師紹介会社への
家宅捜索で見つかったようですから、
●●●社と元代表の間には
何らかの関係悪化があったように思われますし、
三上容疑者もその間で
暗躍してしまったという背景なのでしょう。

ですが、そんな内輪の事は
知ったこっちゃありません。

●●●社は、女性社員を前面に出し、
スポット求人に強みを持つ会社でした。

スポットの仕事を探す為に、
この会社に登録してしまった
ドクターも少なくないでしょう。

通常、紹介会社は
登録者からのデータ消去の依頼があった場合には、
それを受けるのが当たり前です。

すでに流出してしまっている可能性は大ではありますが、
少なくともまだ元代表のいた会社にしか
流出していないようですから、
今からでもデータの消去を
依頼した方が良いのではないでしょうか?

つい先日もベネッセで
大量の個人情報流出があったばかりでした。

ベネッセは500円の電子マネー、図書券、
こども基金への寄付という形でお詫びをした訳ですが
(まあこれはこれで批判を浴びる事になりましたけど)、
果たして●●●社はどう詫びるつもりなのでしょう。

個人情報をFAX送ってと依頼され、
平気で応えてしまう企業や、
当たり前のようにメールで
実名を晒してしまう会社だって少なくありません。

私どものように、
面接の時点で初めてお名前や、
過去の経歴を明らかにする会社の方が
少ないのかもしれませんね。

私ども紹介会社は個人情報を取扱い、
表に出てはいけない情報、
意向の中で仕事をします。

問題は、これを取り扱う人間が
表に出てこない事ではないでしょうか?

自分の顔や名前、それこそ家族や住まい、
その他諸々の情報を
先に公開していかねばならないのだと思います。

そういう表に出てくる人間は、
それだけの責任と自覚を持っているはずです。

医師の転職業界においても、
ハッキリ言うと数名レベルですよね。
そうしているのは。

すべてのコンサルが
そこまでできるようになったら、
業界はきれいになるのではないでしょうか?

大手だから…。
良く聞く会社だから…。
個人情報取扱事業所だから…。
正直あまり関係ありませんね。

個人情報…。

紹介会社に限らず、
どこの会社に預けるのか?
誰なら公開するのか?
考えないといけない時代ですね…。

医師紹介会社最大手 個人情報 登録医師 医師転職 医師アルバイト 医師個人データ 職業紹介免許 スポットアルバイト 悪質紹介会社 医師の敵 ジーネット株式会社

ミスを100%防ぐのは難しいです。

しかし、ミスではなく、
悪意を持った故意の行動は防ぐとか、
そういう問題ではなく、
厳密に取り締まらねばならないと思うのです。

悪意。
故意。
ここがポイントです。

ミスは致し方ありません。

ですが、そこに悪意や故意があるのなら
それはもうミスではなく、
モノによっては立派な犯罪行為です。

今後の●●●社の身の振り方に注目します。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事