1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. 「スーパー名医」が医療を壊す

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

「スーパー名医」が医療を壊す

 

おはようございます。

 

医師、看護師の転職コンサルタント

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

<「スーパー名医」が医療を壊す>

村田幸生 祥伝社新書 を読みました。

 

名医キャリア

 

ひと言で表すなら非常に良い本です。

医療従事者だけでなく、

多くの一般の方にも読んで頂き、

医療現場の抱える諸問題や、

医療を理解するために

人の生死について考える

きっかけとして欲しいなと思いました。

 

ですが、まあ私が良く言う事ですが、

タイトルが違う!のですよ(苦笑)。

 

おそらく著者が

このタイトルを選んだのではないように思うんですね。

 

無理矢理にセンセーショナルに煽ろうとする

このセンスのないタイトル…。

 

出版社の方に、

もうこういうの止めようよ…と言いたいです。

 

著者は神戸大学の医学部を卒業し、

内科ひと筋で糖尿病治療を専門としています。

現在は神鋼病院の糖尿病代謝内科部長(出版当時)。

 

「わたしは名医ではないが、

(たぶん)ヤブ医者でもない。

どこにでもいる平凡な一勤務医に過ぎない。

だが、医療崩壊を止める事ができるのは、

有名な大学教授や医療評論家でもなければ、

<神の手>を持つ名医でもなく、

医者の大部分を占めながら

特に名を知られることもなく、

日々患者さんと接している普通の医者たちである。」

という一文にあるように、

普通の医者が、

患者の思いを1番近いところで見聞きし、

患者の不満不信の実態を知り、

その背景や実態をレポートしてくれています。

 

それも巷で流行っている

医療ドラマ、医療マンガの内容を解説しつつ、

実際の医療現場が抱える諸問題を

わかりやすく教えてくれる

一般の方にも充分に楽しみながら理解できる

良書であります。

 

最後に目次をご紹介します。

 

第1章 『白い巨塔』の財前教授は、なぜ訴えられたのか

    ー医者から見た医療訴訟と医療ドラマ
第2章 「スーパー名医」幻想が医療を壊す
    ー医者に求められる「技術と心」のジレンマ
第3章 新研修医制度はどこへ行く
    ーへき地に誰も行かなくなった本当の理由
第4章 医者だけは過労死しても、かまわない?
    ー救急医療はなぜ崩壊したか
第5章 誰がつくった「医者性悪説」
    ーなぜ、これほど不信感を持たれるのか
第6章 高齢者医療の理想と現実
    ー医者から見たあるべき「ご臨終」の姿とは
となっています。
おススメ度は ★★★★☆ と致します。
医療を壊す原因は一体誰なのか?
どうすれば医療崩壊を食い止められるのか?
私は我々一般人が、
医療を学び、
医療現場を知る事なのではないかと考えています。
それでは、また…。

関連記事