1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 50歳に差し掛かるベテランドクターが考えるべきキャリアとは?

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

50歳に差し掛かるベテランドクターが考えるべきキャリアとは?

おはようございます。

医師が転職や開業を失敗しないために
キャリアプランの重要性を唱え続ける
ジーネット株式会社のじーこちゃんです。

50代…。
まだ20代の私から見ると
全く想像の付かない世界です。

でも弊社代表は50代ですし、
お会いする先生方も
30代、40代、50代と人生の先輩たちが多く、
私も老成円熟していかねばなりません。

本日のブログのタイトルは、
【50歳に差し掛かるベテランドクターが考えるべきキャリアとは?】
といたしました。

<目次>
1.キャリアの分岐点を迎える、50代
・三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る 孔子
酸いも甘いも知っているからこその分岐点
2.引退から逆算したキャリアプランの設定
・選択肢が多いからこそ迷ってしまう時は
*まとめ

医師転職 医師求人 医師キャリアプラン 医師転職活動 事例とノウハウ 転職事例 転職ノウハウ 転職失敗 医師転職エージェント 医師紹介会社 医師求人サイト ジーネット株式会社

1.キャリアの分岐点を迎える、50代

私が人生を語るなんて
まだまだ早いとは思います。

でも語り続けることで
私自身が気付くこともありますし、
それがキャリアの専門家として成長することですし、
そのノウハウを先生方にお伝えしたいと考えています。


・三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る 孔子

弊社代表の小野がキャリアを語る上で
よく口にするのが孔子の言葉で
「三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る…」
というものがあります。

30代で経験した出来事が志を立てる事に繋がり
40代、惑わず突き進むことによって
50代にして自分にはこの道しかないという天命を知る。

という考え方ですが、
実際に50代のベテラン先生の皆様は
今までを振り返ってみて如何でしょうか?

ご自身のライフプランはもちろんのこと、
キャリアプランを考える際にも
大事な視点かもしれません。

・酸いも甘いも知っているからこその分岐点

50代は、ご自身の天命を判断できる領域に至ったからこそ、
今後の人生の方向を慎重且つ大胆に
判断をしていかなければならない大切な時期です。

現職で定年まで働くか、
新しい挑戦をするかといった、
キャリアの分岐点と言えます。

新しい挑戦をする場合、
開業をする、
大学医局を退局して民間病院へ転職する、
臨床から離れた働き方をする、といったケースも
豊富なキャリアだからこそ現実的なものになります。

はたまた、自分自身の体力に合わせた働き方、
親の介護と両立できる働き方というような、
QOLを重視したワークスタイルへシフトする
医師も少なくありません。

医師として研鑽を積む30代、
専門医や指導医としての経験を重ねる40代、
それを経て迎える50代こそ、
キャリアの選択肢を多く持ち、
選べる立場にあるともいえるでしょう。

2.引退から逆算したキャリアプランの設定

私は毎日のように医療機関とやり取りをしています。

主に事務長や医師の採用担当者の方なのですが、
医療機関側にも様々な採用ニーズがあることに気づきます。

若手医師を募集しているところもあれば、
ベテランドクターを欲しているところもあります。

単に求人を右から左に案内するのではなく、
医療機関の本物のニーズをキャッチして
適切な方々に情報を届ける。

安易な条件マッチングではなく、
本物のニーズ同志を結び付けていきたいと考えながら
日々、医療機関の真のニーズを探っています。

・選択肢が多いからこそ迷ってしまう時は
50代のドクターであれば、
引退から逆算して
キャリアプランを考えてみるのも良い方法です。

例えば、70歳で引退するとなると、
さすがに60代後半はゆったりめに仕事したい。

だから、60代前半は…とか、
50代は…と逆算していけますので
中長期的なキャリアプランが自ずと見えてきます。

ご自身の理想のセカンドライフを
想像してみるのも良いでしょう。

お子さんがいらっしゃる方は、
お子さんの大学卒業の年を。

マイホームのローンがある方は完済の年を、
一つの分岐として考えられる方も多いかと思います。

ベテランドクターには
豊富な選択肢があります。

だからこそQOLを考えて
プライベートも充実させながら
毎日の診療をやりがいのあるものにして頂きたいです。

※まとめ

“過去、現在、未来”と時間軸で考えて
今までの経験から、
ご自身の持つキャリアと理想のセカンドライフを
うまく繋げながらキャリアプランを作り上げていくという事ですね。

50代は医師としてのキャリアの理想の幕引きと、
素敵なセカンドライフへの準備をし始める大切な時期。

ぜひわたくし達も、
先生と一緒に、
先生のより良い未来のために
ディスカッションさせて下さい(^^)

それがより良いキャリアや人生のための
きっかけになるかもしれません。

そのために私も毎日勉強、勉強です。

*無料ZOOMキャリア相談実施中!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)を語ってます!

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報提供サイト
医師のキャリア<転職・開業> twitter
医師のキャリア<転職・開業> facebookページ

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事