医師のキャリア支援 <転職・クリニック開業> はジーネットにご相談下さい!
ジーネットのSNSでの情報発信

新年度最初のブログですのでジーネットの今年度の方針を語ります!

2022年4月6日by gnetdoctor

おはようございます。

医師が転職や開業を通して
より良い未来を手にするために
キャリアプランの重要性を発信し続ける
ジーネット株式会社の小野勝広です。

意あるところに道あり。

キャリアシーンでも同じですが、
こうしたい!こうなりたい!という目標設定がないと
人は安きに流されますよね。

私どもジーネットは
小さなベンチャー企業ではありますが、
企業規模とは比較にならないほどの高評価をいただいています。

それは「意」があるからだと思ってますし、
私たちの「志」に共感して下さる先生方や
私たちの歩む「道」を
応援をして下さる先生方のおかげでもあります。

変わらぬ思いと
変わる柔軟性を兼ね備えながら
新しい期も正々堂々と取り組んでまいる所存です。

本日のブログのタイトルは、
【 新年度最初のブログですのでジーネットの今年度の方針を語ります! 】
といたしました。

<目次>
1.私たちは医師のキャリア支援を行う企業です!
・転職支援の前提のキャリア支援
・開業支援の前提のキャリア支援
2.道義的にキャリア支援を行います!
・なくてはならないキャリア支援は?
・有難うと言われるキャリア支援とは?
*まとめ

医師キャリア キャリア相談 キャリア支援 キャリアプラン 転職相談 開業相談 キャリアアップ ジーネット株式会社

1.私たちは医師のキャリア支援を行う企業です!

昨期は皆さまのおかげで
こういう難しい時期にも関わらず
大変によい業績を出すことができました。

弊社は3月末決算ですので
現在、決算処理を進めておりますが
手元の集計でも
期初に目標として掲げていた数字を
余裕を持ってクリアできています。

医師の転職エージェントにしても
クリニックの開業コンサルタントにしても
業績悪化してしまった企業の話しも耳にしますので
私どもの取り組みがご評価いただけたこと
とても嬉しく思っています。

感謝の思いを胸に秘めながらも
新たな期はさらなる発展と行くように
社員一同、謙虚に取り組んでまいります。

・転職支援の前提のキャリア支援

恥を忍んで率直に申し上げますが、
私どものような中小企業は人材確保が大きな課題です。

弊社におきましても今までは
入社、退社、入社、退社が続き、
苦しい時期もありました。

しかし今期におきましては
幸い昨期からの採用活動が効を奏しまして
スタート時点から万全の人員が揃いました。

年齢バランスも20代、30代、40代、
そして50代の私といい感じであります。

あとは退職とならないように
また社員の1人1人のキャリアアップに繋がるように、
何より個々に相応しい働き方を提供し
日々モチベーション高く仕事に挑んでもらえるように
私自身先頭に立って挑んでまいります。

さて転職支援に関してです。

私どもの主力業務は何かと問われれば
医師のキャリア支援であると答えます。

つまりキャリア支援のなかの転職支援であり、
また開業支援であるという位置づけなのです。

ですからキャリアダウンするような
転職支援は一切するつもりがございません。

真っ当な転職エージェントとして
医師の「キャリア」を真剣に考えて取り組みます。

私ども転職エージェントのフィーは
先生方が転職が決まった段階で医療機関より頂戴します。

このような仕組みになっていますので
心無い転職エージェントは
先生方が仮にキャリアダウンになろうとも
転職が失敗する可能性が高かろうとも
無理やりに入職をおススメするのですね。

同業者として恥ずかしい限りですし、
弊社はこういったことを社員一同に戒めています。

また「求人」の問題については
今までも何度も当ブログで取り上げてきていますが、
私どもはオリジナル求人を作ることを前提としています。

つまりどこにでもある求人ではなく、
その先生のためだけの求人なのです。

今ある求人をポッとご案内して
お茶を濁すようなことはいたしません。

先生と打合せをした後に
イチから全社員で求人リサーチに動くのです。
ピッタリの求人案件を探すのです。

ですからダミー求人なんてあり得ませんし、
提案できるレベルの求人が出てくるまで妥協しません。

今期もこのスタンスで挑んでまいります。

医療の知識を持つ社員とともに
転職エージェントの経験を持つ社員も入社しました。

それをサポートするパートさんも
すでに活躍中です。

我ながら今期の転職支援に関しては
今後が楽しみなんですよね。

今までいろんな先生方や
医療機関の事務長さんに言われてきました。

まともな転職エージェントもあるんですね…と。

そのご評価を裏切ることのないように
ブレずに、愚直に、取り組んでまいります。

・開業支援の前提のキャリア支援

私どもにとっては
クリニックの開業支援におきましても
「キャリア支援」の一環です。

何が違うかと言うと
「開院後を見据えた」開業支援をするということです。

開業コンサルタントって
開院したら後は知らないよ…みたいなところとか、
そもそも開院した後に
さあ本業で儲けるぞ…みたいなところが多いです。

どっちもけしからんと個人的に思ってます。

開業コンサルタントの仕事とは、
開院した後に院長が困らないように事前に手を打つ。
そういう開業準備をすることだと私は考えています。

もう少し具体的に述べますと
・集患マーケティングを怠りなく実施
・キャッシュフローを傷めないように初期投資を抑える。
・何か困った時に常に相談できる人がいる。

この3点が「超」重要なのですね。

実は開業支援に関しては
ご依頼を大変多くいただいておりまして
私どもでは受けきれない状態になっています。

それだけ信頼を勝ち得ている、
ご評価をいただけていることの証明ですので
とても嬉しくは思います。

しかし断言しちゃいますけど
他の開業コンサルタントがだらしなさ過ぎます。
いやそれどころか
ヒドイと言わざるを得ないケースも多いです。

先日 youtube<ジーネットTV> でも話したのですが
開業コンサルタント選びにはご注意下さい。
開業自体を大失敗することになりかねませんので。

ここでは詳しく述べませんが、
下記の3点に該当する企業であれば
慎重になったほうがいいですよと助言いたします。

①本業は別にある。
②開業支援の実績が少なすぎる。
③業界内での人脈が少ない、偏りがある。

特に①ですね。
医薬品卸さんや医療機器ディーラーさんはまだいいですが、
最近、転職エージェントやホームページ制作会社などが
売上増のためだけに開業支援を始めています。

ハッキリ言いますが、
ロクなことにならないでしょうから
避けたほうがよいこと間違いありません。

クリニックを開業するということは
開業医になること、つまり経営者になることなのですね。

開業支援をする会社の経営者が
本気で取り組んでいないケースが多く、
お話しにならないことも少なくありません。

これから経営者になる方に
経験の浅いサラリーマンがアドバイスするなんて
どう考えたってあり得ませんよね。

キャリア支援の一環として開業支援を行うということは
開院後の未来に責任を持つということです。

私どもの方針は明確ですし、
様々な場所で情報提供もしており
ご依頼も増え続けていますので
表面上だけ弊社の真似をしている悪質な業者もいるようです。

心から安心と信頼ができる
開業コンサルタントを粘り強く探されて下さい。

<参考>
医師のキャリアは焦らずに中長期的な戦略を持つべき3つの理由とは?

医師 キャリア支援 転職支援 開業支援 キャリア相談 転職相談 開業相談 ジーネット株式会社

2.道義的にキャリア支援を行います!

ビジネス界を広く観察していて危惧するのは
金儲け至上主義に陥っていて
自社の生き残りが最優先になっているということです。

そしてその結果、
逆に金儲けができず、
自社も生き残れないほど追い込まれているように感じます。

今はコロナ関連の助成金なども多く、
倒産する企業が増えて世情が不安定にならないよう
金融機関も国の指示のもと相当の積極融資をしている状況です。

つまり企業を潰さないという
国の方針があるので潰れていないだけです。

金融機関が通常モードに戻ったら
倒産する転職エージェントや開業支援会社は
かなり多いんじゃないかな?と恐れています。

まあ道義に反する企業など
潰れて当然と思いますけど…。

・なくてはならないキャリア支援は?

なんて偉そうなことを言ってますけど
私自身も経営者の1人として
日々戦々恐々としています。

もし万が一があったら…というのは
経営者として
持っておかねばならない正当な危機感です。

問題はそこからです。
窮地に陥らないために何を考え何を成すべきか?

たぶん答えはシンプルで
「顧客や社会のためにどう役立つか?」
もうこれだけではないかと思うんですね。

自社ならではのお役立ちの姿かたちを明らかにして
それを求めて下さる方々に丁寧に情報をお届けする。

こっすいビジネスをするのではなく、
正々堂々と自社のポリシーやビジョンを伝える。

私は強くそう考えています。
それを具体的かつ発展させていくと…
医師の皆さんや
医療機関の皆さんにとって
「なくてはならない」転職支援の形は何だろう?と
深く深く追求する必要があると思うんです。

それが私どもの場合は、
「キャリア」という視点です。

医師の皆さんが転職をする際には
求人に翻弄されるのではなく、
単なる条件で決めるのではなく、
5年後、10年後を見据えて
自分のキャリアにとってプラスになるのか?

そういう観点を持っていただきたいですし、
医療機関の皆さんにも
しっかりしたキャリアプランを持った医師のほうが
入職してから活躍してくれますので
絶対に良い採用に繋がると思うのです。

同業他社がやりたがらない領域ですし、
私たちは医師のキャリア支援に特化して
なくてはならない転職支援を追求しています。

・有難うと言われるキャリア支援とは?

もうひとつ私が考えているのは
「有難う」と言われるキャリア支援とは何か?です。

転職でも開業でも
本質的な結果が出るというのは
数年後になると思います。

入職してお終い、
開院してお終いではないんですよね。

転職して数年経ってどうだったのか?
開院して数年経ってどうなのか?

そこまで考えながら
キャリア支援をすべきと思うのですね。
これは私どものポリシーのひとつでもあります。

そのためには
中長期的なお付き合いが必要であり、
こちらサイドはオープンマインドで
常に連絡が取れる状況にしておかねばなりませんし、
情報発信も継続的にすべきとも思います。

ここまで突き詰めて考えると
「有難う」と言われるためには
企業としての存在価値自体が問われることになるでしょう。

経営理念、営業方針、ビジョンなどですね。

ところが「キレイごと」があまりにも多く、
そこに魂がこもっていないケースが多いですよね。

また経営者や幹部はモチベーションが高いけど
現場はしらけているなんてこともありますね。

これでは「有難う」が現場に浸透しません。

もともと「キャリア」とは中長期的なものです。
だから長くお付き合いしましょう…ではないんですよ。

勘違いしている転職エージェントなどは
長く、長くと言いますけどね
ぶっちゃけこれこそ自社の都合なんですよね。

相手がいつまでも
長くお付き合いを求めるということは
キャリア支援としては失敗です。

どんなに長く付き合っても
決してよいことは訪れません。

究極的には「今」という分岐的で
何を考え、どう行動するかで、
中長期的な結果が決まるんです。

別に長く付き合うのではなく、
中長期的な視点を持って
中長期的な面で「今」に責任を負うべきなんですよね。

これが私が考える「有難う」と言われる
キャリア支援の方針です。

未来のために「今」という一瞬を
より良い方向に導いていくのですね。

そのプロセスとして
良い求人を紹介するとか、
良い開業物件を紹介するなどがあるのであり、
根底がグラグラしていて
プロセスに特化しても
結果は付いてこないように思うんですね。

「有難う」を甘く考えてはいけません。
そりゃ何かをしてあげたら
普通の人なら「有難う」と言ってくれますよね。

でもその「有難う」はプロへの感謝ではなく、
人としての常識的なものなんですね。

ビジネスの場で「有難う」が欲しければ
プロとしての存在価値があるかどうかが大前提だと思います。

<参考>
逃げも隠れもしない転職・開業コンサルタントを選ぶのが良いです!

医師キャリア 医師転職 医師開業 キャリアコンサルタント キャリア支援 キャリアサポート ライフプラン 人生設計 ジーネット株式会社

*まとめ

企業とはなぜ存在するのか?
仕事とは何か?
なぜ仕事をするのか?

ここを問わずして
日々の仕事が楽しくなるとは思えませんし、
天職には出会えないと思うのです。

「天職」に出会えた人は
いかに自分が努力をしたかや
辿りつくのにどれほど苦労したかを語りがちですけど、
そうじゃないんです。

それは後付けじゃね?ってことです(笑)。

「天職」は運命論みたいなもので
出会うためにすべきことをしていた人にしか
辿りつけないものなんですね。

もしくは本当に「偶然」、「運」ってのもあるでしょうね。

いるべきところにいる。
やるべきことをやる。
ここを突き詰めるべきです。

でもこれは見えないんですね~。
見えないけど今やっておかないと
永遠に手に入らないんですよね。

キャリアプランや
ライフプランこそが大事な理由です。

そうなるかどうかではなくて、
プランを立てると気づけるものが出てくるのです。

プラン否定派の人って
視野が狭く、「時間軸」の発想が薄いです。

孔子曰く
40にして惑わず、50にして天命を知る…です。

その時のために
いるべきところにいる。
やるべきことをやる…なんですよね。

転職や開業も同じです。
経営も一緒です。

私どもはキャリア支援を深く追求します。
ジーネットならではの個性を持って取り組みます。

以上、新年度の決意表明でした。

それでは、また…。

医師限定 無料ZOOMキャリア相談 実施中!

*ジーネットTV youtubeにて医師のキャリアについてお話ししています。

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 正式コーポレートサイト
<IBIKEN>医療ビジネス健全化協議会 医師向け情報提供サイト
twitter ジーネット株式会社公式アカウント
facebookページ ジーネット株式会社公式アカウント

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

この記事をSNSでシェアする