1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 転職を繰り返す思考パターン!?

BLOG

ブログ

医師転職

転職を繰り返す思考パターン!?

 

おはようございます。

 

医師、看護師に、ただ求人を紹介するのではなく

そもそもの転職ノウハウを提供している

医師転職相談センターを運営する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

転職を繰り返す…。

 

あまり良い事とは言えないと思います。

 

転職をしてくれる人がいないと

商売あがったり…となる私が言うのですから

間違いありません(笑)。

 

ただ医師にしても、看護師にしても、

ビジネスパーソンと比較すると

転職歴が多少あっても問題にはなりません。

 

それは圧倒的な売り手市場である事が

背景にあるのでして、

別にその人が優秀だから、という話しではありません。

もちろん優秀な方は、それはそれで

引く手あまたなのでしょうけどね。

 

時代が変われば、採用の形も変わる訳でして、

いきなり買い手市場に変わるとは思いませんが

それでも、今のところそんな有利な環境にいる

医師、看護師でも、あまりにも多すぎる転職歴は

いずれ敬遠されてしまう事も出てきますから

安易な転職は、しない方が良いと思います。

 

さて、この転職を繰り返してしまうという事には

様々な要因があります。

 

しかし、その中で大きいのは、

 

・より良い雇用条件を求めて…

 

・自分は評価されていない…

 

この2つではないかと思うのです。

 

より良い雇用条件を求めるのは、

ある意味では、自然な事だとは思います。

 

問題は、自分は評価されていないという

考えを持ってしまう事です。

 

自分の評価が低いと思っているから

本来自分が受けるべき雇用条件は

もっと高いものであって、

今の条件では、割に合わない…。

 

そういう事なのでしょうが、

果たして、これは当たっているのでしょうか?

 

もちろん当てはまる人もいれば、

自己評価が高過ぎるだけで、

今の条件でも充分過ぎる…

なんて人もいるのでしょうね。

 

私は、転職をするという事自体は

良くも悪くもない、中立的な事だと考えています。

 

ただ転職の仕方によっては

良い転職ともなり得るし、

悪い転職ともなり得るのです。

 

良い転職には問題はありませんが、

悪い転職は大問題です。

 

確実に転職を繰り返す事になるでしょう。

 

それはなぜか?

 

悪い転職には決まった思考パターンが

隠れているからです。

 

それは「辞めて良かった」という自己肯定。

 

辞めて良かったという成功体験を積んでしまうと

次の職場でも、同じように成功体験を求めてしまいます。

 

時には条件が悪いと言い、

時には評価が低いと言い、

時には上司、同僚、部下が悪いと言い、

時には仕事の質が低いと言い、

時にはクライアントが悪いとまで言う。

 

そして退職して、

あ~あんな職場は、辞めて良かった…。

 

しかし、こういう方には安住の地はありません。

 

逆に良い転職をした人は、

仮に前の職場に不満があっても、

実際にブラック的な要素が多い職場であっても、

辞めて良かったとは、思わないものなんですよね。

 

それこそ、

辛い思いをしたからこそ今があるとか、

新たな職場で貢献する事を考えています。

 

辞めて良かったではなく、

これから何をするか、ここで何ができるか、

そういう発想なんですね。

 

当然、これだけ自分を律して、

ポジティブな考えを持って行動するのですから、

結果も出るし、重宝もされる。

だから評価も上がり、条件も良くなる。

そういうものです。

 

また仮に、転職に失敗しても、

良い転職というのも存在すると思います。

こういうケースでは今が踏み台になり、

次でステップアップできるのです。

 

あんな職場は、辞めて良かった…。

 

そういう方向に自分を定めてしまうと、

辞める事を自然と肯定する自分自身が

でき上がってしまいます。

 

辞めたって、

仮に在籍期間が短くたって、

縁があって、お世話になった職場なのだから

辞めて良かったと考えるのではなく、

少しの感謝と思い出にして

次に向かうべきだと思うのです。

 

転職を繰り返す事で得られるものは

あまりないです。

 

本来は、より良い職場を求めるから転職をするのに、

何度も繰り返してしまうと、長期的にはキャリアダウン。

自分で今まで積み上げてきた階段を

ぶち壊すようなものです。

 

安易な転職は反対です。

 

そして転職を繰り返してしまう人は、

求人ばかり見て、求人の良し悪しだけで

転職をしてしまうのです。

 

それこそ大手紹介会社の犠牲者ですね。

でもそんな大手紹介会社は、

転職歴が多くなってくると平気で断るのですよ。

無理ですって。

 

求人ありきで転職するのは間違いですって事を

声を大にして言いたいです。

 

 

自分に合う職場を探し続けて、

ここも違う、あそこも違う、

悪いのは職場であって、

正しい自分に合う職場を探し続ける。

 

青い鳥症候群とでも言うのでしょうか?

 

悪いのは職場で、自分は正しいと

自己を正当化してしまうと、

人間って、それに取り憑かれてしまうんですね。

 

すると転職をする事自体が

自分にとっては正しい事になってしまうんです。

 

こことは違う場所を求めるのではなく、

ここで何をするか、ここでどう結果を残すか、

ここでできる事は何か?

 

そのような思考パターンを持たないと、

転職ができなくなるまで

転職を続けてしまう事でしょう。

 

以前に20箇所の医療機関が書かれた

履歴書を見た事があります。

 

長くて1~2年、短いと1カ月~3か月。

 

いくら売り手市場の医療業界でも

どうせうちに来てもすぐ辞めるよね?

と判断されてしまいますよね。

 

安易な転職は反対です。

求人だけを見て転職するのも、反対です。

 

もっといい所があるはず…ではなく、

ここをもっと良くする、と考えないと…です。

 

良い転職、転職を成功させる為には

ノウハウがあるんですよ。

 

それでは、また…。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事