1. HOME
  2. ブログ
  3. クリニック経営
  4. マグネット・ホスピタル!?

BLOG

ブログ

クリニック経営

マグネット・ホスピタル!?

 

おはようございます。

 

医師の転職、開業という人生の転機で

しっかり寄り添いながら、

相談から実行までをサポートしている

医師転職相談センターの運営企業、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

1970年代後半のアメリカでは、

多くの病院が看護師不足に悩んでいたそうです。

 

熾烈な看護師獲得競争が行われている中で、

なぜか離職率が大変に低く、

看護師を引き付けて離さない病院が

存在していたのだそうです。

 

そうした事が発祥となって、

「マグネット・ホスピタル」という言葉が

使われるようになったらしいです。

 

現在では、もう少し範囲を広くして

医師、看護師、そして患者を磁石のように

引きつける病院の事を言うのだそうです。

 

マグネット…。磁石かあ。

上手いことを言うなあ…と思っちゃいました。

 

我が国日本でも、

医師、看護師の採用マーケットは

圧倒的な売り手市場が続いています。

 

ですが、そんな中でも

あまり求人情報を見掛けない病院も存在します。

きっとマグネット・ホスピタルなのでしょうね。

特段、採用活動をしなくとも応募が

ひっきりなしにある…。

 

実に羨ましい病院さんです。

 

関東で言えば、聖路加国際病院とか、

千葉県の亀田総合病院や

長野の佐久総合病院などが該当するのでしょうか?

 

問題は、マグネット・ホスピタルになる為には

何が必要か?ですよね…。

 

・医療の質が高い。

・医療スタッフが充実している医療機器が充実している。

・症例経験を積む事ができる。

・チーム医療が上手く回っている。

・難症例も経験できる。

・オペ件数が多い。

・給与水準が高い。

・休みが多い。

・教育体制が充実している。

・医療従事者をサポートする体制ができている。

・職員の健康管理、労務管理がなされている。

・職員一同が共感する理念がある。

・キャリアアップできる。

・職場の風通しが良く、コミュニケーションがスムーズ。

・著名な医師、看護師が在籍している。

 

などなど、

様々な要素が考えられますが、

もちろん、いずれかひとつが飛び抜けて良くても

マグネットにはならないでしょうし、

すべてがそれなりの水準以上にないと

いけないのでしょう。

 

おそらく日本では

全国で数えても10か所あるかないか…

ではないでしょうかね?

 

ですが、マグネット・ホスピタルを目指して

努力を続けている病院は多いですし、

その有様は、拍手ものでもあります。

 

マグネット・ホスピタルがゴールの形だとすれば

プロセスを走っているところは、多いのだと思います。

 

ただ、これを病院が努力すべき事であり、

我々には関係ないと医療従事者が思ってしまうと

なかなか近づかないですよね?

 

やはり経営、事務方、そして何より医療現場が

三位一体とならねば実現は不可能だと思うんです。

 

より良い職場を探したいのは

誰もが一緒ですが、

今の職場をより良くするという考えも

同じくらいに大事ではないかと思います。

 

マグネット・ホスピタルってのは

少ないから価値があるんであって、

多くの病院がこうなったら価値はなくなりますね。

 

でもそういう世界を作るのは

我々自身なんですよね…。

 

 

職場探しって、ホント難しいですよね。

 

でも良い職場と出会うコツってのは

確実にあります。

 

ちょっとしたノウハウなんです。

 

それを提供するのが、私の仕事です(笑)。

 

それでは、また…。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事