1. HOME
  2. ブログ
  3. 看護師のキャリア
  4. 看護師の人材紹介業界に激震か?のその後はもっとひどい…。

BLOG

ブログ

看護師のキャリア

看護師の人材紹介業界に激震か?のその後はもっとひどい…。

看護師転職 看護師求人 看護師転職事例 看護師転職失敗 看護師キャリア 看護師転職エージェント 看護師紹介会社 看護師転職コンサルタント 看護師キャリアプラン ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の転職を成功させる為には
求人ではなく、転職ノウハウが必要と考え、
良質な情報提供を心掛けている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

少し前に下記のブログを書きました。
看護師の人材紹介業界に激震か?

左側に過去の人気ブログがピックアップされていますが、
この記事は、常に上位でベスト3には入っていますので、
まだお読みでない方は、是非ご覧になって下さい。
(今はなくなりました)

さて、本日はその続編です。

どうやら、私の想像していた以上に
クレームが入っているようです。

私たち人材紹介を行う会社は
厚生労働省から許可を受けねば
人材紹介事業を行う事はできません。

また、適正な紹介事業を行うために
日本人材紹介事業協会という一般社団法人も立ち上がっており、
紹介事業者は、
この「適正な人材紹介事業の推進」を念頭に置きながら、
事業展開していかねばならないのです。

本来は…。

ですが、冒頭の前回ブログにも書きました通り、
医療系人材紹介会社は、
非常に残念なレベルにあるのが実情です。

そんな中…、
この日本人材紹介事業協会(略して人材協)が
【人材協 「医療系紹介協議会」設置のお知らせ】
という文書を出している事を知りました。

要は、医療系人材紹介サービスに対して、
医療機関や関連団体、行政官庁からも
様々な懸念や、ご指摘を頂く機会が多くあったと。

懸念、ご指摘ね…、要はクレームであり、
勧告であり、注意であり、指導であり、
もういい加減にしろ!って声でしょ!

まあ、気を取り直して…

そのひとつは、
転職・採用におけるサービスの質的向上を要請されており、
具体的には、ミスマッチによる離職・定着悪化などを
無くしていく事が求められていると…。

もうひとつは、
転職を助長する、
ないしは悪質サービスと受け取られる
アクションの改善を要請されていると…。

前者は、会った事もない人を医療機関に紹介するとか、
本人の希望よりも、
会社が決めたい病院に紹介するとか
マッチングはシステムが行うとか、
キャリアカウンセリングを抜きにした求人紹介とか、
医療を知らない人が平気でこの事業に従事しているとか、
そういうことであり、要因であります。

後者は、返金規定が終わる少し前に
転職した医療従事者に連絡し、
愚痴のひとつでも吐き出させ、
もっといいところがありますよ…と悪の誘いをするとか、
登録すると金銭を渡すとか、
そういうことを言っている訳です。

当ブログで再三指摘してきた事じゃないですか!

だから医療系人材紹介会社全体が
大迷惑を蒙っている訳で、
小さくとも真摯なサービス提供をしてきた会社から見れば、
当たり前だろう!って事ばかりですよ。

当然、弊社などは、
上記に当てはまる事は一切ありません。

まあ、ひと呼吸して(笑)…

それで人材協で「医療系紹介協議会」というものを作り、
ガイドラインを作り、
会員内で取り組み共有や情報交換をするんですって。

そのガイドラインってのが、

1.医療従事者の転職活動を濫りに助長するような、
  不適切広告表現は行いません。

2.ご紹介した医療従事者に対して、
  再転職を目的とした接触は行いません。

3.求人者に対する適正な紹介行為を阻害するような、
  医療従事者への金銭提供は行いません。

おいおいおいおい…
当たり前のことを、
わざわざこんな協議会を作って
ガイドラインを作らないと守れないんかい!

1なんて、当直なしで年収300万アップとか、
医師の〇%が何年以内に転職をしているとか、
そういう煽り広告でしょう。

2も前述したような、
転職者を再転職させる
悪魔のささやきの事ですわな。

3も前述した、
金銭を渡す事で登録をさせるという
お金で釣るという、実にいやらしい手法ですぜ。

ホント再三に渡って
当ブログで訴えてきた事であり、
それが医療機関や関連団体
(おそらく医師会や看護協会などでしょう)や
行政官庁(厚生労働省や労働局でしょう)から
大クレームを受けて、
改善せざるを得なくなったという事です。

まあ、自業自得ですよ。

もう私などは腹が立って、煮えくり返って、
メチャクチャ頭に来ているのですが、
もっと頭に来たのが、
幹事会社ってのが決まっているようで、
これらの中には、ハッキリ言うと
お前が張本人だろう!と
言いたくなる会社も含まれています。

8月には正式発足するので、会員になれと、
そして、我々と一緒により良い業界にしていこうと。
そう上から目線でおっしゃってます…。

そりゃ違うだろうって。

これが強制なのか、
任意なのかは書かれておりませんし、
今後どのように会員を募るのかはわかりませんが、
弊社は、入るつもりはありません。

だって、ここに書かれている事は
何ひとつとしてした事がありませんし、
するつもりもありません。

クレームも受けた事がありませんし、
むしろ喜んで下さって、
皆さん知人をご紹介して頂いてますから。

むしろ入るべきは、
幹事会社を始めとした大手、準大手と
その手法を真似てきた中小達です。

弊社のように真逆の路線で
真っ当に仕事をしてきた会社は
入る必要が全くありません。

って、きっと真面目な仕事をしてきた同業者は
みな同じように思っていると思います。

という事はですよ、
この協議会に参加する会社は
何らかの引け目があるって事であり、
医師や看護師の皆様から見れば、
避けた方が良い会社と言えるのではないでしょうか?

ご関心ある方は、
一般社団法人日本人材紹介事業協会 医療系紹介協議会
のホームページをご覧になり、
人材協のお知らせの6月10日の
<人材協 医療系紹介協議会の設置のお知らせ>
チェックして下さい。

看護師転職 看護師求人 看護師転職事例 看護師転職失敗 看護師キャリア 看護師転職エージェント 看護師紹介会社 看護師転職コンサルタント 看護師キャリアプラン ジーネット株式会社

ある意味では私の主張が
認められたような部分もありますが、
いずれにしても、気分が悪いです。

それだけ、医師、看護師などの医療従事者や
医療機関、関連団体、行政官庁に大迷惑を掛けてきて
こんな協議会を作って、ガイドラインを作って、
反省してるんだか、してないんだかわからないような
お茶を濁すような対応をしていく…。

私は個人的に
こんな対応では、済まされないと考えています。

それこそ、営業停止処分や
紹介事業の許可取り消しなどの重い処分があっても
おかしくないと思うのです。

医療崩壊に手を貸してきた訳ですからね。

まあいずれにしても、
何らかの改善はするのでしょうし、
その元には大いなる反省があると信じてもやりたい。

だけど、この後に同じような出来事があったら
その時には、当ブログで
また取り上げてやろうと思ってます。

え~、今回はお見苦しい部分もあるかと思いますが、
今まで迷惑を蒙ってきた方々の代弁者となって
あえて、厳しい言い方をしているところもありますので、
どうぞ、お許し下さい。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事