1. HOME
  2. ブログ
  3. 女医のキャリア
  4. 出産でキャリア変更を余儀なくされ悩んでいる女性医師…。

BLOG

ブログ

女医のキャリア

出産でキャリア変更を余儀なくされ悩んでいる女性医師…。

女性医師 出産 ライフプラン 子育て 日本社会 男尊女卑 待機児童 タイミング 両立 託児所 女性医師出産 女性医師キャリアプラン 女性医師転職 女性医師キャリア相談 女性医師転職相談 ジーネット株式会社

おはようございます。

転職ってどんな人にとっても
大きな人生の岐路であり
だからこそ求人だけで転職するのではなく
ライフプランを前提とした
キャリアプランを熟慮した上ですべきと考えている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

こんな事を書いたら叱られるのでしょうが、
私の妻は、外資系企業でバリバリ働いていました。
結婚前は、私は一生仕事をしていくと宣言していました。

別に結婚したら、
女は家に入るべきだなんて
亭主関白ではない私は、
別にそれでいいと思っていたので
普通に認めていました。
そして、今は専業主婦になっています(笑)。

子供が生まれたからというのもありますし、
両親の介護というのもありますので
別に文句がある訳ではなく、
それでいいと思っているのですが、
何が言いたいかというと人生ってのは、
そんなもんじゃないかと思うという事なのです。

先日、ある女医さんとお話をしていた時に…

自分に子供ができるまでは
正直言ってそんなに子供好きではなかったんです。

でも、実際に出産してみたら、
もう可愛くて可愛くて愛おしくてしょうがないんです。

仕事の事よりも、
子供の事ばかり考えてしまうんです。

と、おっしゃってました。

娘を溺愛する私としては
物凄く共感できますし、
私自身も、朝、行ってきます~と言って
家を出るのが辛い時期もありましたし、
今までは、残業する事など何とも思わなかったのに
夕方になると早く家に帰りたくてしょうがない
時期もありました。

もちろん思ったり、考えたりするのと、
実際にどうするか?というのは異なっていて
前述の女医さんも
男性ドクターに負けじと働いているのですが、
そういう気持ちを持つ事自体は、
決して悪くないと思うんです。

女医に限らず、
この世で働く女性の少なくない方々が出産が転機となり、
働き方を変える方もいますし、
仕事を辞める方だって少なくありません。

保育園の待機児童の問題や
女性の社会進出を支援すると旗を振りながら
何ら効果的な策を打てない政治の問題や、
そもそも日本社会が長年持つ男尊女卑の文化の問題など、
本当に多くの問題があり、
残念ながら、出産を経て子育てをしながら働くという事が、
物凄く難しいのがこの社会であります。

だからこの日本という国はダメなんだとか、
日本の政治は3流なんだかとか、
行政は何をやっているんだとか、
日本の男性はあまりにも自分勝手だとか、
そんな事はどうでも良く(いや良くはないけど)
日本女性は実にたくましく
自分なりのやり方で独自のキャリアを築いています。

私のところにも出産を控えた方や、
出産して間もない方、
出産してひと段落がついてさあ!という方、
いろんなタイミングの
女医さんや看護師さんが相談に訪れます。

自分の妻を見てきて、
子育てを実際にしてきた事で、
共感できる所も少なくないし、
何より自分の妻が諦めざるを得なかった事を
何とかしてやろうとしている方々ですから
私も罪滅ぼしではありませんが、
何とか希望を叶えられないかと
頭をフル稼働させてご支援しています。

やっぱり、子供は社会の宝なんだと思います。

ですが、子育てと仕事が両立できない社会は
ちょっと問題がありますし、
何とか両立させようとしている方々を
支えるべきだとも思うんですね。

院内に託児所が完備されているとか、
当直や夜勤を免除するとか、
そういった事も大事ですが、
私はもっと心の問題だと考えていて、
子供を社会の宝と考え、
子育てを社会の為に
とても大事な事なんだと考えている大人が
その職場に多いかどうかではないかと思うんです。

特に、経営陣に
そういう人がいないとダメですね。

制度やハード面だけを揃えればいいのではなく、
一部社会のプレッシャーを受けて
まるで言い訳のようにおざなりな対応をするのではなく、
社会の構成員としての責任を
積極果敢に果たそうとする姿勢。

この姿勢が
非常に大事なのではないかと
しみじみと思うのです。

うちは、その点には自信があるぞ!という医療機関様。
是非、お声掛け下さい。

困っている女医さんや看護師さんは
少なくありません。

お繋ぎさせて頂きます。

女性医師 出産 ライフプラン 子育て 日本社会 男尊女卑 待機児童 タイミング 両立 託児所 女性医師出産 女性医師キャリアプラン 女性医師転職 女性医師キャリア相談 女性医師転職相談 ジーネット株式会社

最近ではこういう事を書くと、
やれ子供のいない人への逆差別だとか、
欲しくてもできない人への配慮が足りないとか、
そんな事を言われたりしますが、
違和感を感じるんですよね。

それも確かに一理あると思うし、
配慮や思いやりは、必要だと思います。

でも子供の存在って、
何にも代えがたいものだと思うんですよ。

自分が持てなくとも、
社会には必要不可欠ですからね。

私は子供を持つのが遅く、
大人になってからも
持ってからの時よりも
持ってなかった時の方が長いので
両方の気持ちがわかるんです。

でも、子供がいなければ
我々の社会は終わりを迎える訳ですから。

日本の少子化は本当に心配です…。

ま、それはそれとして、
出産でキャリア変更を余儀なくされ悩んでいる…。

こういう女医さんや看護師さんの為にお役に立てるように、
何とか特効薬を見つけたいけれども、
そう簡単ではなく、
でも共感して、並走しながら、
より良い道を探していく事は今でもできるので、
それを続けながらも、
次のフェーズとして新たな支援策を
練っていきたいと考えております。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事