1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 若いからこそキャリアプラン!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

若いからこそキャリアプラン!

 

おはようございます。

 

転職にはすべからくキャリアプランが必要であり、

特に医師、看護師は圧倒的な売り手市場が続き、

多くの医療機関がウェルカム状態だからこそ

キャリアプランニングをするべきと思う

医師転職相談センターの運営企業、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私どもには、

男性、女性、医師、看護師、

若手、中堅、ベテランと

実に様々な属性の方々がいらっしゃいます。

 

先日は女医、女性看護師について

ブログを書きましたし、

少し前にはベテランドクターの事について

何回か書いた事もありますが、

最近若手について書いていないような気がしたので、

今日は若手について考えてみます。

 

今まで医学部に在籍中の方とお会いした事もありますし、

初期研修医ともお話ししましたし、

後期研修医や6年目、7年目といった

若手ドクターとお会いした事もあります。

 

看護師さんであれば、

さすがに1年目、2年目の方はないですが、

3年目、4年目、5年目くらいの方とは

何人もお会いしています。

 

私自身も若い時には思った事ですが、

皆さん伝統や文化、慣習やしきたりなどに戸惑い、

悩み、迷っていますね。

 

実際にすでに時代が変わり、

古くなってしまっているものもあり、

本来は進化、変化をさせねばならないのでしょうが、

長く在籍している人にはその問題点がなかなか見えず、

旧態依然が結局続き、若手は失望して、

他の道を選ぶ事態になってしまいます。

 

組織にも、良い悪いが確実にあり、

私が客観的に見ても、良い医療機関、悪い医療機関は

区分けがクッキリできますね。

 

そんな状況下ですから、

若手が転職を検討してしまうのは

致し方ないと思うのですが、

もうひとつ若手を悩ませているのは…

 

石の上にも3年…

 

という言葉だろうと思います。

 

この言葉は実に便利で、

経営者、管理職、上司、先輩が

若手を諌める際の必殺技のように使っていますね。

 

ですが、転職のプロフェッショナルとして

私は「石の上にも3年」という言葉を使う人を

信用はできないと思ってます。

 

それは若手の事を思っての事ではなく、

自分達を守る為に使うケースの方が多いように

思うからです。

 

経営陣や管理職は貴重な戦力を失いたくないでしょうし、

上司や先輩は自分達の非とされる事を恐れますからね。

 

だからと言って、

私は1年や2年で転職をする事を

推奨するものではありません。

 

特に若い時期はそうです。

 

職種によっても違うでしょうが、

医師だったら最初の職場に3~5年は

在籍した方が良いと思いますし、

看護師も同様に3~5年はいるべきだと

考えます。

 

な~んだ、結局は石の上にも3年じゃんと

思われてしまうかもしれませんが、

ただ耐えろとか、とにかく経験値を高めよとか、

そういう事ではないんです。

 

この3~5年はキャリアプランを構築するべき

と私は考えています。

 

どんな仕事でも1~2年で職を転々とする方は

キャリアプランなんて持っていないケースが

多いです。

 

その時その時に流されて、

あっちの水は甘いぞ~と動いちゃうんですね。

 

若手の内はいいですが、

いつか通用しなくなる時が訪れます。

その時に、やれ世の中が悪い、社会が悪いと

言い立てますが、残念!と申し上げたいです。

自分の首を絞めたのは自分自身なんですよね。

 

キャリアプランとは1度構築したものを

未来永劫守らねばならないものではありません。

時代の変化や自身の志向性の変化に合わせて、

柔軟に変えていくべきですし、

何よりも自分の成長度合いによって

進化していくものでもあると思います。

 

仕事の基本を知り、

ある程度実現可能性の高い、

本当に自分のやりたいキャリアプランを構築するには

3年~5年は掛かってしまうものでしょう。

 

だから石の上にも3年と、

ただ耐えるかとか、とにかくいろという裏側には

キャリアプランの為にというものが

なければならないと思うんです。

 

そこまで説明してくれる

石の上にも3年論者は信用できますが、

あまりいないのではないでしょうか。

 

自分なりの、

明確なキャリアプランを構築する為に、

3年~5年在籍する。

 

こう考えると、

何か突破口も見えてくるのではないかと思います。

 

 

医師にしても、看護師にしても、

最近の若手は非常にキャリアプランに対して

考えておられるように思います。

 

ですが、若干欠けているなあと思うのは

客観性なんです。

 

多くの先輩方の事例や、幅広い視野など、

この辺りを吸収するとさらに良いキャリアプランが

構築できると思います。

 

40代、50代の方は、さすがにこの辺りが

上手いですね。

 

若手にも負けじと頑張って頂きたいです。

 

それでは、また…。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事