1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医師のキャリアプランニングにおける過大評価と過小評価

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医師のキャリアプランニングにおける過大評価と過小評価

医師 キャリアプランニング 医療制度 客観視 等身大 過大評価 過小評価 土台作り 他部署 医師転職 医師キャリア クリニック開業 医師転職エージェント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師のキャリアプランニングを
オーダーメードで行う事によって
より良い未来作りのお手伝いをしている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

これからの時代は
医師や看護師も
キャリアプランニングが
必要不可欠であると考えています。

その理由はいくつもあるのですが、
やはり国の財源が苦しくなり、
医療制度自体が頻繁に変わらざるを得ない
時代になっている事は大きいです。

また医療者と患者の信頼関係が薄れ、
医師、看護師も医療の提供体制も
大きく変わっていく中でもあり、
これだけ変化が激しくなってくると、
旧態依然とした働き方が許されるのは
ごく一部の幸運な方だけではないかとも思ってます。

さて、キャリアプランニングをする際には
過去の棚卸、自分自身を客観視する事が
重要だと私は考えているのですが、
実はこれが非常に難しいのです。

医療業界全体や
それぞれの医療機関の事を分析する事も
大切ではあるのですが、
やはり孫子の言葉にもあるように、
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」な訳でして、
己の事を誰よりも知る事が
自分自身を有利にしてくれるのだと思います。

彼の情報は後からでも仕入れる事ができますが、
どんな彼の情報を仕入れるかは
己の過去、現在、未来によって
大きく変わりますからね。

己を知る最大のコツは、
等身大の自分を知るという事に尽きると思います。

しかし人は、自分自身を等身大で見つめる事が
なかなかできないんですね。

どうしても過大評価してしまったり、
過小評価してしまったりするものです。

ある本には、
「侮る心は自分を過大評価し、
恐れる心は自分を過小評価する。 」
なんて事が書かれていましたが、
なるほど…と頷かされました。

その意味では
キャリアプランニングを構築する際には
等身大の自分自身を知らねばならないが、
それは非常に難しい事であるという事を
大前提に置くべきなのかもしれません。

ごく稀に非常に自分を客観視し、
世の中を知り、医療業界を知り、
それぞれの病院を研究し、
万全の態勢を作っている方がおりますが、
あくまでもごく稀に…の話しであり、
簡単には真似ができないと思います。

では等身大の自分自身を知る為には何が必要か?ですが、
答えはいろいろあるとは思いますが、
最も簡単なのはディスカッションする事でしょう。

自分にはない第三者の意見を参考に、
他の人の頭脳や見方を参考にする事は
自分を客観視する事に繋がりますからね。

先輩や同僚、時には後輩も
良きディスカッション相手になると思いますし、
上司や他部署のドクターも良いと思います。

出入りの業者にだって豊富な情報を持ち、
医療をよくわかっている人間もいるとは思います。

ですがキャリアプランニングにも
プロフェッショナルが存在します。

紹介会社のコンサルタントです…とは言いません。

現状の医療系紹介会社は
そこまでの質を備えていませんから…。

転職も開業も経営も理解しているコンサルタント。
あ、ここにいます(笑)。

なんて冗談はさて置いて、
良いディスカッションをして
等身大の自分を知って、
適切なキャリアプランニングを実現しましょう。

それが変化に適応できる
自分自身を作ってくれますから。

まずは土台作りからですね。

医師 キャリアプランニング 医療制度 客観視 等身大 過大評価 過小評価 土台作り 他部署 医師転職 医師キャリア クリニック開業 医師転職エージェント ジーネット株式会社

等身大の自分…。

過大評価も過小評価もせず、
冷静かつ客観的に自分を見つめる。
とても大切なキーワードだと思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事