1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 何度も採用に失敗する医療機関…。

BLOG

ブログ

スタッフブログ

何度も採用に失敗する医療機関…。

 

おはようございます。

 

医師・看護師の転職シーンを

より良いものにする為に日々情報提供をし続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私のような仕事をしていると、

あそこの病院はダメだとか、

どこそこのクリニックは評判が悪いとか、

そういう情報はたくさん入ってきます。

 

それはその方にとっては真実だと思うのですが、

その医療機関にだって長く勤めている方もいる訳で、

万人にとっての評価ではないと思うのですね。

 

よって情報のひとつとしては記憶をしますが、

それがすべてという評価は致しません。

 

このようにして自分の中のデータベースを

日々アップデートして、

より良い医療機関をご紹介できるように

情報収集を続けているのですが

さすがに全国各地の医療機関を網羅するのは

非常に難しいですし、

内情は常に変わりますから1度下した評価を

そのままにしていい訳でもありません。

その意味では終わりのない旅を

しているようなものですね。

 

ですが、定着率があまりにも低いケースは

悪い評価を与えざるを得ません。

そこには人が定着しない根本的な要因が

あると思いますので。

 

時には半年あれば職員の大半が入れ替わっている…

そんなケースもありますし、

結果的にいつも募集を掛けていて

採用コストが驚く程に高くなってしまっている

ケースすらあります。

 

何度採用に失敗しても懲りない…。

 

これはどうしたらいいのでしょうね?

医療機関に限らず、

企業にだってそういう所は結構あります。

 

そして問題も複雑であって、

経営者の方針がおかしいケースもあれば、

人事や採用担当者がおかしいケースもあるし、

配属現場の長がおかしいケースもあれば、

伝統、風土、文化がおかしいケースもあります。

 

何かひとつを改善すれば…というよりは

複合的なケースの方が多いようにも思います。

 

具体的には入職前に説明していた条件を

難癖付けて入職後に変えてしまうとか、

業務の内容、人員配置、仕事の流れなどが

事前の説明と著しく違うとか、

職場環境があまりにも劣悪であるとか、

言い出せばキリがないほどに様々あります。

 

改善して欲しいなとは思います。

しかしそれは内政干渉のようなもので

いくら外部の者が声を上げたところで

内部から変革しよう

という意思が生まれない限りは

変わらないと思うんです。

 

であれば、やはりそういった所には

行ってはいけない…という事になりますね。

 

日々情報収集。

怠ってはいけないなあとしみじみ思います。

 

 

あるクリニックがあります。

 

某紹介会社が医師を紹介したのですが、

様々な食い違いが起こり、

この先生は早期退職をしてしまいました。

 

この食い違いは医師に責任はありません。

クリニック側に問題があるのは明らかです。

 

ところが某紹介会社はそれを把握しながら

また別の医師をこのクリニックに紹介しました。

 

そしてまたもや早期退職…。

こんな事を何度も繰り返しているケースも

あります。

 

これをどう考えたら良いのでしょうか…。

こんな悪質な事を

許してはいけないように思います。

 

それでは、また…。

 

未来が不安な医師・看護師のご相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師の転職をオーダーメードでご支援します。

 

開業・転職 お悩み相談はこちら!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

公式ホームページ ジーネット株式会社

開業情報はこちら! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

多様な情報発信中! 医師のための失敗事例サイト

絶賛情報発信中! twitter

絶賛稼働中! facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事