1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 医療の勝ち負け…。

BLOG

ブログ

スタッフブログ

医療の勝ち負け…。

 

おはようございます。

 

医師の転職、開業の情報提供をしている

医師転職相談センターの運営企業、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

一昨日ご紹介した

笑って死ねる病院  の中に、

とんでもなく深い医師の言葉がありました。

 

私は物凄く考えさせられ、

でもこういう考えを持っている

医師が存在している事に安心し、

そしてこんな素晴らしい医師を活かせない

現代の医療システムに大いに疑問を感じました。

 

下記、ご紹介致します。

 

病気を治すことだけを目標にしていたら

医師はツラいですよ。

 

医療ができる事に限界があるということは

嫌というほどわかっています。

 

ましてや高齢者が多ければ避けようがありません。

 

最終的に患者が元気になって退院してもらうことが、

医療従事者にとってゴールと考えてしまうと、

必ず負けます。

 

そうすると、どこに目的を置くかというと、

やはり生きている間、

患者さんの望みを実現できるよう、

一緒にやっていくということです。

 

ここはそういうスタンスを持った病院だから、

働く人間もやりがいを感じ、

目的意識を持ってやっていけるんです。

 

いかがでしょうか?

 

医師たるもの必ずこのような考えを

持つべきだなんて事は露ほども思ってません。

 

患者には実に多様な価値観があるのですから、

患者を治療する医師も様々な価値観を

持っていて良いのだと思います。

 

ただ私はこの医師の価値観と

近いものを持っているというだけです。

 

またこの医師と似たような価値観を

持っている先生がいたとしても、

同じような職場はおそらくあまり存在せず、

悶々とした状況で日々の診療に当たっている

先生も少なくないと思います。

 

経営側から収益最優先の意向が伝えられ、

疑問を感じながら、

腑に落ちない思いを持ちながら、

強烈な反発心を胸に隠しながら、

笑顔で患者と接している医師もいらっしゃる

のでしょう。

 

それもこれも国の方針であり、

診療報酬改定で縛られてしまい、

医療機関も倒産する訳にはいかないのですから、

経営者もいかんともしがたい思いで

通達を出しているのかもしれません。

 

国家が定める医療の方針。

ここが変わらなければこういった

素晴らしい考えを持った医師も

まるで絶滅危惧種のように減ってしまう事でしょう…。

 

 

病気に対して勝ち負けを付けるのは

不適切な気もしますが、

人間はいつか死ぬ以上、

どこかで医療は必ず負けてしまうのですね…。

 

一旦は回復しても、

退院できても、

死の訪れ=負けとなってしまう。

そう考えると実に切なくなります。

 

むしろ死を負けとするのではなく、

死をゴールとして、

ゴールに至るそのプロセスにおいて

回復したり、

退院できたり、

症状が軽くなったり、

それを勝利として喜ぶべきではないかと

私は考えます。

 

そうすると、勝って、勝って、勝ち続けて、

そのままゴールできるんですよね。

 

多くの人がそう考える事ができたら、

医師はもっと伸び伸びと診療する事ができ、

それは結果として我々一般人にも

プラスの効果が出るのではないかと思いました。

 

それでは、また…。

 

医師・看護師の転職相談はこちらから!

求人を見て待遇や条件で転職先を決めていませんか?

5年,10年先を見据えた転職ノウハウを提供します。

私たちは個々の事情に応じた

オーダーメード型の転職支援を行います。

 

転職相談・開業相談はこちらから! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ 公式サイト

開業を思案中の方も! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

情報発信中! 医師のための失敗事例サイト

twitter 稼働中!

facebookでも絶賛交流中!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事