1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 面接をする側、される側!?

BLOG

ブログ

医師転職

面接をする側、される側!?

 

おはようございます。

 

医師、看護師の転職パートナーとして

寄り添い、並走している

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

皆さんは面接の場を

何回くらい経験した事がありますか?

 

私は余裕で1000回を超えています(笑)。

まあ仕事柄しょうがないですね…。

 

自分自身が企業の面接を受けたのは

多分20回くらいでしょうか。

 

逆に自分が面接官として採用する側となり

面接をしたのは多分50回くらいです。

 

後は求職者の方々と一緒に面接の場に

同席をさせて頂いたのが

数えきれないくらいにあります。

ここだけで1000回、いやもしかしたら

2000回を超えているかもしれません。

 

さてそんな面接の場に慣れている私ですが、

先日、採用コンサルタントとして

面接の場に同席する機会に恵まれました。

 

開業コンサルタントとしてご支援している

クリニックさんの看護師採用の場に居合わせたのです。

非常に良い経験になりました。

 

面接は院長と事務長、そして私が面接官となり、

求職者は看護師でした。

 

当日は4名の看護師の面接を行ったのですが、

やはり医療者が多い事もあり、

面接は若干スムーズではないと言わざるを得ず、

まあ私が同席したのは

その点を上手く解消する為でもあったのですが、

存在価値はあったのではないかと思います。

 

やはり求職者は緊張をしています。

いかにしてその緊張を和らげ、

本音、本性を引き出すかは面接に置ける

重要なポイントですし、

逆に院長の人柄やクリニックの方針を

いかにして理解をして貰うかも

これまた重要であります。

 

医師も、看護師も、

それぞれのプロフェッショナルではありますが、

面接のプロではありませんから、

ミスマッチを起こさない為には

面接慣れした第三者の存在も必要かもしれませんね。

 

医療業界は圧倒的な売り手市場ですから

せっかく応募して下さった方を

逃がす訳には行かないという事情もありますが、

そうは言ってもミスマッチな人材を採用しては

後々困る事にもなりかねません。

 

いかにして求職者を知るか?

いかにして自院を知ってもらうか?

 

その結果が良き採用に繋がるのではないかと

しみじみと感じました。

 

採用現場のプロフェッショナルとして、

単なる人材紹介のイチ事業者としてだけではなく

採用コンサルタントとしての

面接へのアドバイスなども依頼があれば

お役に立っていこうと考えております。

 

 

ちなみに私は自社の面接はかなり長いです。

2時間、 3時間は当たり前です。

 

それだけ相手を知りたいと思ってますし、

こちらの事も相手に知って欲しいですから。

 

時々、医療機関の面接で10分、20分で

簡単に終わるケースがありますが、

正直どうかな?と思います。

 

それで相手を知る事ができるとは思えませんし、

こちらの事を知って頂けるとも思えません。

 

今まで医療機関においては

採用はおざなりなところがなきにしもあらずでしたが、

今後は変わっていくと思います。

 

ミスマッチは求職者にとっても、

求人医療機関にとっても、

お互い良い事はありませんからね。

 

労働集約型産業である医療は、

人ありき、人が大事です。

採用にはもっと

真剣に取り組むべきだと思います。

 

それでは、また…。

 

未来に悩む医師・看護師のご相談はこちらから!

転職を失敗させない為のノウハウを提供します。

医師、看護師のキャリアプランニングを

オーダーメードでご支援します。

 

転職相談・開業相談はこちらから! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ 公式サイト

開業を思案中の方も! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

情報発信中! 医師のための失敗事例サイト

twitter 稼働中!

facebookでも絶賛交流中!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事