1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 勤務医の給与が微減…こういう時代だから医師もキャリアプランが必要です!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

勤務医の給与が微減…こういう時代だから医師もキャリアプランが必要です!

勤務医 給与 激減 年収 民間病院 待遇改善 開業医 経営状態 医師招聘担当 生涯年収 稼ぐ 医師転職エージェント 医師キャリアコンサルタント 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
給与だけでなく
より良い雇用条件を獲得する為にサポートしている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日ヤフーニュースで
厚労省の年収調査という事で、
「民間病院医、微減1544万円、歯科医は596万円」
という情報を見ました。

まずは下記ご紹介します。

平成26年度の医療機関の給与について、
医療法人が経営する
民間病院の勤務医の平均年収が1544万円で、
前年度より2・1%減ったことが
29日、厚生労働省の「医療経済実態調査」で判明した。

厚労省は11月4日の
中央社会保険医療協議会(中医協)で報告するが、
院長の年収は前年比0.1%増の2930万円となっており、
勤務医の待遇改善が論点となりそうだ。

医療法人が経営する
開業医(診療所)の院長の平均年収は
前年比0・5%減の2914万円で、
個人経営でも0.5%減の1192万円。

また、医療法人が経営する
歯科医の院長の平均年収は1268万円(前年比2.2%減)、
勤務医が596万円(同1・2%増)と、
格差が浮き彫りとなった。

26年度の医療機関の経営については
一般病院の利益率が3・1%の赤字で、
特に国立が0・3%、
公立が11・3%の赤字と厳しい経営状態が続いている。

一方、ベッドのない外来だけの開業医が8・8%、
歯科医が8・7%、
保険薬局が7・0%の黒字だった。

様々な思いが沸き起こるかと思います。

私が感じたのは、

1、国公立の病院経営は見直しをせねば
  立ち行かなくなる可能性がある事。

2、歯科医師は開業医と勤務医の差が若干だが
  詰まってきた。

  歯科医師は開業しないと…だけでなく
  勤務医として働き続ける選択肢も出てくるかも。

  また歯科医院経営を考えると、
  優秀な勤務医に長く勤めて貰う
  待遇も考えていった方が良いかも。

3、病院の勤務医も10年先を見据えた
  キャリアプランを構築しないと
  待遇は少しずつ悪化していく可能性が
  あるのかもしれない。

1、2についてもいろいろ言いたい事があるのですが、
私の仕事的には3が最も重要です。

これは歯科医師も同様ではありますが、
これからの勤務医は

① 自分のストロングポイントは何か?
② 自分の目指すべき到達点はどこか?
③ ①、②を踏まえて、自分を必要としてくれる
  医療機関はどこで、どのようにアプローチすべきか?

このような事が求められてくるのだと思います。

当ブログでは何度も言い続けている事ですが、

Ⅰ、キャリアプランを考えましょう。
Ⅱ、過去の棚卸と望む未来を明確にしましょう。
Ⅲ、プロフェッショナルの力を活用しましょう。

こういった事の重要性が増していくんでしょうね。

先日、このニュースをご覧になった
ある病院の医師招聘担当の方とやり取りをしましたが、
給与が下がってきた医師がいる一方で、
上がっている医師もいます。

その差は何か?

①~③を考えていたり、
Ⅰ~Ⅲのような事を実行していたり、
それが差になってくると思われます。

自分の売り所を知り、
自分の売り先を知り、
自分の売り方を知る。

そうすれば
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
という事になるのではないでしょうか?

こう考えると、
いかに何十件もの求人から選ぶ事が間違いか
よくわかりますよね。

転職だけではなく、
同じ職場に居続けるとしても、
自分を知り、相手を知っている、
そしてそこで何をすべきかを知っている人が
必ず勝ちます。

それはノウハウなんです。

医療の専門家である医師が
そこまで自分だけでするのは難しいです。

だからこそ売り所を見つけてくれ、
売り先を提案してくれ、
売り方のアドバイスをしてくれる人が
必要なのです。

私が知る限り、
ここまでできるプロは
国内に10人いるかいないかだと思います。
人脈に持っておいた方が絶対に得です。

勤務医 給与 激減 年収 民間病院 待遇改善 開業医 経営状態 医師招聘担当 生涯年収 稼ぐ 医師転職エージェント 医師キャリアコンサルタント 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

年収が下がった事自体は
そう問題はないと思います。
私自身も過去何度も煮え湯を飲まされました(苦笑)。

給与は生涯年収で考えるべきです。

次のところでドカンと上がっても、
その先に上がり続ける要素がなければ
その転職は失敗です。

仮に一時的に下がっても
取り戻せる経験や能力が身に付くならOKなんです。
生涯年収ではペイします。

ただ惰性で生きてしまうと
段々と年収は下がっていく時代に
突入してしまったのかもしれません。

だからこそキャリアプランなんです。

一時的に下がる事を恐れず、
トータルで稼ぐ、
生涯年収を確保する。

これが重要なのではないでしょうか?

それでは、また…。

*ZOOMキャリア相談を無料で行っています。

*ジーネットTV 毎週新着動画をアップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットが発信する情報提供サイトはこちらです!>
ジーネット株式会社 公式ホームページ
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>ドクター向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <社長のtwitter>
ジーネット株式会社 <社長のfacebookページ>

よろしければ下記もポチっとお願いします!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事