1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 医学的にいい事は患者にとってもいいはず…なのか?

BLOG

ブログ

医療業界全般

医学的にいい事は患者にとってもいいはず…なのか?

医学的に正しい

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

タイトルの件、
すごく難しいと思いませんか?

医学的に正しい

最近、医療行為も
サービス業の範疇と
考えられ始めています。

サービス業とは、
常に相手を満足させるのが
常なのだと思うのです。

となると、どんなに医学的に正しい事でも、
患者がそれを求めていなければ、
果たしてその医療行為は正しいと言えるのかどうか?

医学の立場に立てば正しいでしょう。
間違いなく…。

患者の立場に立てば
正しいケースもあれば
そうでないケースもあるでしょう。

患者の家族の立場に立てば、
また別問題も出てくるでしょう。

患者のプライベートな事情や生き方、
ポリシーや生活習慣、生き甲斐、
そういった所まで踏み込まねば
この問いに対する答えは出てこないのでしょうね。

でも、医師にそんな時間は中々取れないでしょうし、
患者側がその意図を理解し、
簡潔に要領良く伝えるなんて、
できる人ばかりではないとも思いますし…。

まして、すべての医療行為が、
サービス業とも言い切れない部分もあるとも思うんですね。

この問題に対して、
私自身どう思うかは置いておいて、
サービス業はやはり主人公をお客さんに
置かねばならないなとは思います。

私自身、営業経験が長いのですが、
ひと昔前は売る営業マンが強かったです。

その為には、訪問やアプローチの量が重要で、
断られても断られても粘り強く
再度のアプローチを掛ける。

そんな時代がありました。

でも、最近は売れる営業マンになる為には、
お客さんの事を真に理解し、
お客さんの都合や事情を把握し、
時にはお客さんが何も言わなくても察知し、
その上で提案していかねば売れません。

営業という職種はサービス業という業種でなくても、
サービス業になるでしょうから、
いい商品、いいサービスだから売れるはずではなく、
お客さんの都合を知った上で、
それに合った売り方をしなければ、
売れない時代になってきてると思います。

もちろん、
転職のコンサルタントもその最も足るものです。

求職者の事情、求人側の事情、
これをどれだけ把握し、
そのお互いを満足させられるか?

時には、
しばらくは転職をしない方が良いという
アドバイスを求職者にせねばならない時もありますし、
求人側に面接の仕方や条件面、
入職後のフォロー体制などをアドバイスする事もあります。

すべてはお客さんに満足して貰う為です。
例え一時は嫌われても。

私など、サービス業のイロハの「イ」しか
理解できてないと思いますが、
私と接した方の多くが喜びと満足を得て貰える様に、
これからも精進してまいります。

これからも頑張りますので、
よろしくお願い致します。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事