1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 騙してまでも採用するのか!?

BLOG

ブログ

医師転職

騙してまでも採用するのか!?

 

おはようございます。

 

医師、看護師が転職なんてしなければ良かった

なんて事にならないように、

正確な情報提供を心掛けている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

あ・あれ?

給与明細を見てみたら

事前に聞いていた金額と違う…。

 

ん?そう言えばもう随分休んでないなあ。

いつになったら休めるんだろう…。

 

担当業務は○○と聞いていたけど、

それ以外の仕事がほとんどだなあ…。

 

すぐに部長職になってもらうと

聞いていたのに

あれからもう、1年が経つなあ…。

 

転職に関わる仕事をしていると、

こういうお話しはよく聞きます。

 

ブラック企業!?

ブラック病院!?

 

なんて簡単に決めつける事はできません。

本人の言う事がすべて正しい訳では

ありませんからね。

 

ただ、どちらにしても、こういう話は

なくなって欲しいなあとは思います。

 

ですが、これって逆も然りなんですよね。

 

採用する側では、

 

面接では○○には自信があると言ってたけど、

実際にやって貰ったらちょっと困ってしまう

レベルだなあ…。

 

△△の経験は豊富と聞いていたけど、

これでは全くないと同じレベルだなあ…。

 

前の会社ではトップの成績だと聞いていたけど、

うちに来てからはその欠片も発揮されていないなあ…。

 

など、こういった話しも同様によく伺うのです。

 

ひどい場合には経歴詐称が発覚したとか、

資格を持っていると聞いていたのに

実際には持っていなかったなんて

ケースだってあります。

 

ここまで来ると犯罪に近いですね。

 

昨今、ブラック企業なんて言葉が市民権を得て、

政府もその対策に動いていくようですが、

逆に求職者に関してはこのままでいいのでしょうか?

 

私にご相談をする医師の中にも、過去何名か

「は・話しが違う…」という目に合ってしまい

条件交渉の場にはプロが入って貰った方が

いいなと思ったという先生もいらっしゃいます。

 

確かにそれも人材紹介会社を活用する

メリットのひとつではありますが、

担当するコンサルタントの能力によっては

その正確性もばらつきが出てしまいますし、

残念ながら人材紹介会社を経由しても

堂々と事前の話しとは違う条件で

雇用するなんてケースだってあります。

 

こういった食い違いをゼロにするってのは

難しい事なんですかね?

 

まあそうは言っても

「俺はそんな目に合ったことはないぞ」とか、

「我が社にはそんなおかしな人間は

入社した事がないぞ」

なんて方の方が多いとは思います。

 

ですが、社会として

こういったケースがあるのは

少し寂しい気もしますね。

 

悪のない社会なんて非現実的なのかもしれませんが、

少なくとも転職シーンではゼロに近付くように

業界人の1人として努力してまいります。

 

 

医療の世界でも

こういったお話しはたまに聞きます。

私の感覚値ですが、女医さんの方が

被害に合う方が多いような気がしてます。

 

また離職率の高い職場には、

なぜかとんでもない応募者が多いようにも

感じます。

 

採用の時点だけではなく、

社員の定着率や、満足度も関係があるのかも

しれませんね。

 

求人側も、求職者側も嘘は止めましょう。

 

それでは、また…。

 

いつかの為の転職・開業相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師の転職をオーダーメードでご支援します。

 

開業・転職 お悩み相談無料です!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ ホームページです!(公式)

転職情報はこちら! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

転職・開業情報 医師のための失敗事例サイト

絶賛更新中! twitter

絶賛交流中! facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事