1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 医療機関が人事部機能を持ったら…。

BLOG

ブログ

スタッフブログ

医療機関が人事部機能を持ったら…。

 

おはようございます。

 

医師の転職・開業相談をオーダーメードで

個々の事情に寄り添いながらお受けしている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

どんな組織にも課題はあると思います。

もっと言ってしまえば欠点や短所、弱みなども

内包しているのが普通だと思うのです。

 

それはきっと内部にいる人も

痛切に感じているのでしょうし、

外部の人から見ると客観性を持って

鮮明にわかるのかもしれません。

 

解決したらきっと素晴らしいですよね。

でもなかなかそうは問屋が卸さないものでも

あります。

 

毎日のように医療機関と接している私としては、

医療機関の課題のひとつに「人事部」がない事が

挙げられるように思います。

 

事務長を始めとして、

事務方は兼務しながら

何とかこなしてはいるのでしょうが、

本業は別にあったり、

そもそも人事のプロではありませんから

まさに悪戦苦闘というケースが多いように

思うのです。

 

医療は労働集約型の産業でありますし、

属人的な部分の大きい仕事だと思うんです。

 

それだけ個人個人の能力や

高いモチベーションが求められますし、

働く人こそが全てと言ってもいいですよね。

 

そりゃ病院やクリニックという箱も必要ですし

医療機器や治療薬だって不可欠ですし、

ベッドやシステムや様々な什器だって必要です。

 

でも、でもですよ、

医療現場で働く人達あってこそだと思うんです。

患者だってロボットが医療機器や薬品を駆使して

診療したら気持ち悪くてしょうがない…。

いやいつかそんな時代が来るのかもしれませんが

まだまだ先でしょう。

 

それだけ医療従事者が大事なのに、

現状では人事部機能がない事によって

求人内容が陳腐化しているとか、

採用が上手く回っていないとか、

評価システムがほぼないとか、

研修が個人の裁量に委ね過ぎているとか、

労務管理ができておらず残業が恒常化しているとか、

未払いの残業代が多いとか、

そもそも労働基準法が守られていないとか、

実に様々な問題が現場では起こっているように

思えて仕方がないのです。

 

これでは医療現場で働く人達を大切にしていないと

言われても反論できないのではないでしょうか?

 

私は医療を守りたいですし、

医療現場で奮闘する医療従事者には

活き活きとして仕事に当たって頂きたいです。

 

医療従事者の犠牲や我慢や忍耐を

前提とした仕組みではなく、

人事のプロが医療機関の内部にいて

現場で奮闘する人達をサポートする。

そんな風になって欲しいと願っています。

 

だからこそ医療機関もこれからは

人事部機能を持つべきと思います。

簡単ではないのは百も承知ですが…。

 

 

医師の採用が順調にできている病院は

大学医局とのパイプが強いか、

専任の医師招聘担当者を置いているか、

いずれかであるような気がします。

 

ケースバイケースではあると思いますが、

医師が1人増えると売上は1億円増えると

言われているんですね。

 

人事部…。

あるべきと思うんだけどな~。

 

それでは、また…。

 

いつかの為の転職・開業相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師の転職をオーダーメードでご支援します。

 

開業・転職 お悩み相談無料です!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ ホームページです!(公式)

転職情報はこちら! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

転職・開業情報 医師のための失敗事例サイト

絶賛更新中! twitter

絶賛交流中! facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事