1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. ライフステージが変化した後も今の病院で働き続けたいか?

BLOG

ブログ

医師転職

ライフステージが変化した後も今の病院で働き続けたいか?

 

おはようございます。

 

医師の転職に関しては

公私両面ともに誰よりも深く考えていきたい

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私自身、過去4回の転職をしました。

勤めていた会社が吸収合併されたり、

会社ごとグループ企業に移籍したりといった

幸か不幸か様々な経験もしてきました。

 

それぞれの転機にはそれなりの理由があったのですが、

今思えば浅かったなあ…と反省する所もありますし

他にやりようがなかったかなあ…と

自らの視野の狭さに残念な思いもあったりするのですが、

そんなこんなの多様な経験が、

今こうして役立っている事を思えば、

やはり人生に無駄な事はないのだろうなあ

とも思います。

 

人材紹介業界で仕事をするようになって

はや13年が過ぎようとしています。

 

思えば遠くに来たもんだ…

そんな感傷的な思いもありますが、

いや~とにかくいろんな人と出会えました。

とてつもなく多くの皆さんから

ご相談を受ける事ができました。

 

どう少なく見積もっても2,000名は超えるでしょうし、

下手をすると3,000名も超えているかもしれません。

 

実に有難い事であります。

人間関係ができて

どんどん仲が良くなってくると

これは小野さんだから言うんだけど…とか、

小野さんにしか言えないんだけど…という形で、

おそらく他の方には相談できない

深い事情や、プライベートな面などを

お聞かせ頂く事も結構ありました。

 

その時の自分で可能な範囲の

全力アドバイスはしてきたつもりですし、

まるで自分の事のように

親身になって話しを聞いてきた事だけは

胸を張る事ができます。

 

こういったお1人お1人とのやり取りが、

今の私の血となり肉となっている事は

間違いありません。

 

医師や看護師の転職事情は、

ビジネス界とは全く異なります。

 

また超の付く程の専門家の方々に対して、

その専門性の部分でサポートする事は

非常に難しいとも思います。

 

この仕事を13年もやってきて

それなりの実績を作ってきた私ですら

難しいと思っているのですから、

入社して2~3年めの方が簡単にできるとは

思えません。

 

いや、できているように思っている人も

少なくないですが、それは個人の能力ではなく、

会社のシステムや宣伝広告の力であります。

 

それなしで実績を作る

高い能力を持ったコンサルタントなど

皆無に近いと言ってもいいでしょう。

 

ちょっと話しがズレました。

あまりにも

ボンクラなコンサルタントが多いのでつい…(笑)。

 

転職をすべきかどうか…

悩んでいらっしゃる医師は少なくないです。

今の勤務先に不満のある医師も多いです。

 

そんな時は今日のタイトルの言葉を

自分自身に問い掛けてみて下さい。

 

ライフステージが変化した後も

今の病院で働き続けたいか?

 

結婚しても…

子供ができても…

親が入院しても…

親に介護が必要になっても…

単身赴任をする事になっても…

 

それでも今の病院で働く気持ちがあるなら

無理に転職をする必要はないと思います。

 

またライフステージの部分に、

医療業界全体や病院の変化、

また職場環境や待遇の変化も加えてみて下さい。

 

診療報酬が大きく引き下げられても…

急性期病院からケアミックス型に転身しても…

入院病棟が半分に減る事になっても…

医師や看護師、事務スタッフが大量離脱しても…

給与が激減しても…

 

それでも働き続けられるなら

とても幸せな事だと思います。

転職なんて考える必要すらないと思います。

 

でも上記のような問い掛けを自分にしてみて、

いや、だったら他に行くかも…という考えが浮かぶなら

転職は選択肢のひとつになると思います。

 

だからと言って転職しましょうなんて事は言いません。

ただ情報収集や準備、計画は必要だと思います。

 

有益な情報提供をしてくれる人。

ノウハウやプランニングの仕方を知っている人。

こういう人脈を持っておくと、

いざという時に有利である事は間違いないと思います。

 

 

ライフステージの変化という意味では、

男性よりも女性の方が影響度は大きいですね。

 

私どもにご相談される医師の男女の比率は

ほぼ50:50なんです。

 

私自身が結婚して、子供を持つ事ができて、

育児に携わり、両親は健在ですが介護が必要…。

そういう経験をしているからこそ

共感してサポートできる部分が確実にあります。

 

転職した事がない。

業務経験も浅い。

まだ独身である。

子供もいない。

親も若い。

こういうコンサルは

何を持ってアドバイスするんですかね?

まあできないから

求人案内しかしないんでしょうけど…。

 

ライフステージの変化の際には、

将来の人生設計やキャリアプランニングを

考えた方が自分の為になると思います。

 

それでは、また…。

 

いつかの為の転職・開業相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師の転職をオーダーメードでご支援します。

 

開業・転職 無料お悩み相談はこちら!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

(公式)ホームページ ジーネット㈱

開業情報はこちらから! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

開業・転職情報 医師のための失敗事例サイト

絶賛稼働中! twitter

絶賛情報発信中! facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事