医師のキャリア支援 <転職・クリニック開業> はジーネットにご相談下さい!
ジーネットのSNSでの情報発信

クリニックにホコリの被ったエコー機器はありませんか?

2016年6月7日by gnetdoctor0

おはようございます。

勤務医でも、開業医でも、
医師にとって有用な情報を提供し続けていきたい
ジーネット株式会社の小野勝広です。

医療業界においても
新しいビジネスは
刻一刻と生まれているように思います。

私の仲間達の中でも、
これは医師が喜びそうだなとか、
医療機関にとっては有用なサービスだなとか、
今後の医療の為には必要不可欠だな…と思う
素晴らしい仕事をしている人がいます。

当ブログは
医師がより良い未来を手に入れる為の
情報提供を目的としていますので、
時々はこんなサービスもあるよ!という
情報発信も今後はしてまいります。

今日はその第一弾。
エコー検査、超音波検査に関してです。

通常、エコー検査は臨床検査技師か
放射線技師が行う事が多いかと思います。

場合によっては
看護師が行うケースもあるようですが、
看護師は放射線が扱えないので、
大概は臨床検査技師及び放射線技師
もしくは両方の資格保有者が担当するのでしょうね。

となると一般的なクリニックでは
技師さんを雇用する事が課題になります。

採用するのも大変ですし、
採用できたとしても
給料に見合うだけの検査数を獲得しなければならない。

上手く非常勤で週1日程度来てくれる方で
経験豊富かつ技術を持った技師さんが見つかればいいけど
そう上手くは見つからない。

医師自身が検査する時間はないし、
結果的にせっかく購入したエコー機器が
ホコリを被ってしまっている…。

こういったケースも少なくないようです。

おそらく患者さんの中には
超音波検査をした方が良い場合もあるのでしょうね。

専任者がいないために、
また予約や検査結果の管理に手が回らずに
せっかくの機器を眠らせてしまって
患者の期待に応えられない…。
結果的に収益を上げる機会を逃している。

これはもったいないですよね。

いっそのこと、
アウトソーシングしてみてはいかがでしょうか?

診療放射線技師で、認定超音波検査師である知人が
超音波検査をトータルサポートする会社を立ち上げています。

必要なのはエコー機器と予約を取る事のみ。

決まった日時に技師が訪問し、
検査を行い、結果もフィードバックしてくれます。

この会社の方針として下記3点を上げています。

1、患者になぜこの検査が必要なのかを丁寧に説明します。
2、医師が説明しやすい検査結果をレポートします。
3、必要な時に必要な分だけ検査します。

実は私のクライアントであるクリニックさんでも
すでに3箇所ご依頼しているのですが、
患者にも、院長にも、スタッフにも
非常に評判がいいんです。

疾患別検査説明資料が準備されており、
患者さんには視覚的にもわかりやすい説明をしてくれます。

診療ガイドラインに則った
疾患別フォロー期間案をもとに
次回検査時期を提案する為に予約管理も容易です。

予約から検査結果までの必要書類は
すべて準備されており
院内掲示用のポスターまで用意されています。

1か月に半日からの受託が可能であり、
多くの予約患者を必要としない事も
利用しやすい理由です。

料金は診療報酬点数から賄えますので、
医療機関側のリスクはまったくありません。

最近ではテレビでも超音波検査を取り上げており
実際に患者が検査を求めてくるとか、
飛躍的に検査件数が増えたとか、
そういう事例も枚挙にいとまがないようです。

しかも早期に病気を発見したとか、
適切なタイミングで基幹病院へ紹介できたという
事例もかなり多いようですよ。

せっかくのエコー機器。
眠らせてしまっているのはもったいない。

すでに私のクライアントが利用していて
実績と高い評価を受けている事から
私としても安心してご案内する事ができます。

今のところクリニックでの利用が多いようですが、
少しずつ病院さんでの実績も増えているようです。

ご関心がございましたら
最下部よりお問い合わせ下さい。

エコー検査 クリニック経営 クリニック検査 クリニック売上向上 診療報酬 検査アウトソーシング 医師経営相談 開業医経営相談 ジーネット株式会社

こちらの会社さんは都内にありますので、
一都三県の医療機関さんが対象ですが
一部北関東、東北などでも実績があるようですので、
まずはご相談下さい。

ただすでに近隣にクライアントがある場合は
倫理的な問題でお断りをする事はあるようですので
この点はご了承下さい。

今日は超音波検査の情報提供でした。

それでは、また…。

*ZOOMキャリア相談を無料で行っています。

*ジーネットTV 毎週新着動画をアップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットが発信する情報提供サイトはこちらです!>
ジーネット株式会社 公式ホームページ
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>ドクター向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <社長のtwitter>
ジーネット株式会社 <社長のfacebookページ>

よろしければ下記もポチっとお願いします!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.