1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. これからどうなる遠隔診療!?

BLOG

ブログ

スタッフブログ

これからどうなる遠隔診療!?

 

おはようございます。

 

医師の転職・開業相談に関して

有用と思われる情報提供を続けている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

先日ひょんな事から

一般社団法人日本遠隔医療学会

このサイトにたどり着きました。

 

我が国における遠隔診療はまだ始まったばかり…。

果たして今後どうなるのか?

どのようにして広まっていくのか?

医師はどのように診察して、

患者はどのように受診するのか…。

 

保険の問題や、会計の問題、

薬や処方箋はどうデリバリーするのか、

医師法20条等との関係など課題は多々あれど、

社会保障費の削減に繋がるのかなとか、

足の悪い患者でも気軽に受診できるのかなとか、

過疎地で近隣に医療機関がなくとも

受診できるのかなとか、

何となく期待感もあります。

 

平成27年6月30日に

「経済財政運営と改革の基本方針2015」が

閣議決定され、8月には厚生労働省より、

「離島・僻地などの特定の状況や特定の疾患に

限らず一般的に遠隔診療を活用可能」

「対面診療を組み合わせる限り、初診は対面に

限らない」

との解釈が通知され、

事実上の遠隔診療解禁となったようです。

 

厚生労働省が各都道府県知事宛に出した

【情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)】

についての通達文も読みましたが、

平成9年頃から喧々諤々と議論されていたものが

ついに本格化されそうですね。

 

こうなってくると

民間企業も各社参入してくるでしょうし、

遠隔診療ソリューションも目白押しで

出てくるでしょう。

 

しかし中には使い勝手の悪いソリューションや

円滑な診療には程遠い粗悪なシステムが

出てくる事も想像できます。

 

患者にとっては、

・予約が取りづらい

・医師が約束の時間に現れない

・診療中に画面や音声が乱れる

・結局来院を求められる

・クレジットカードを使うのが不安

・想定額以上の引き落としがあった

・薬や処方箋は結局取りにいかねばならない

こんな状況になってしまうなら、

利用する意味がなくなってしまいますよね…。

 

また医師側も、

初期コストが掛かり過ぎたり、

患者が不安を抱えたままであったり、

法令順守がされていないなど

こんな状態では安心して診療できません。

 

実際に私の知る限りの先生方は、

まだ半信半疑で様子見…という感じの方が多く、

なかには絶対に認めたくないという方、

逆に、いや早めに導入したいという方など

賛否両論、いろいろでもありますから、

ソリューションが出揃ってこないと

まだまだ何とも言えない…

そんな感じなのでしょうね。

 

私自身は今後どうなるのか何となく興味があって

ニュースなどで見掛けるとチェックをしていたのですが、

やはり運命というか、興味を持ってると

出会いがやってくるものなんですよね。

 

先日、遠隔診療のソリューションを提供している

某企業の代表取締役とプロダクト責任者の方と

お会いしました。

なんとお2人とも医師でした。

 

懇切丁寧にご説明を頂き、

私の理解度もグッと上がりました。

今後、クライアントである先生方にも

ご関心ある方には情報提供したいと思いました。

 

数年前から8人の医師が常勤でご勤務しており、

弁護士2名も含めて相当のディスカッションを

してきたそうです。

その成果もあって

ソリューション自体の完成度は高く、

診療する医師にとっても、

受診する患者にとっても、

安心して利用できるようなものが出来上がっており、

すでに20か所以上の医療機関が導入を決定した

そうです。

 

詳細は私などが説明するよりも、

医師同士で話し合った方が良いですね。

 

ご関心をお持ちの先生はまずは

↓ をご覧になって下さい。

遠隔診療ソリューション CLINICS

 

私どもから、

こちらの会社さんにお繋ぎする事も可能です。

 

まだまだ生まれたてですから、

いろいろ課題は出てくるのでしょうが

現役の医師が8名も在籍していて

弁護士もしっかりサポートしている

遠隔診療ソリューションを提供している企業は

多くはないでしょう。

 

その意味でもこちらの企業さんは注目ですね。

株式会社メドレー

 

 

情報通信機器の発達が

遠隔診療も可能にしてくれた訳ですね。

100年くらいしたら遠隔診療が当たり前で

通院する方が少数派になっていたりして…。

 

ひと昔前は、相手の家に電話をしないと

連絡が取れなかった時代でしたからね。

それか手紙を書くか…か。

 

時代の流れに取り残されないように

常に新しいものも勉強しないと…です。

 

それでは、また…。

 

いつかの為の転職・開業相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師の転職をオーダーメードでご支援します。

 

開業・転職 無料お悩み相談はこちら!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

(公式)ホームページ ジーネット㈱

開業情報はこちらから! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

開業・転職情報 医師のための失敗事例サイト

絶賛稼働中! twitter

絶賛情報発信中! facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事