1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 医師の採用面接はひと味違うのだ!?

BLOG

ブログ

医師転職

医師の採用面接はひと味違うのだ!?

 

おはようございます。

 

医師の転職シーンにおいて

どのフェーズを切り取ってもアドバイス可能な

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

人は一生の内で何回くらいの

採用面接に挑むのでしょうか?

 

ひと昔前なら新卒で入社した会社に

定年までいる事が当たり前でしたから

かなり少なかったのでしょうが、

昨今では転職は当たり前、

キャリアアップの為には転職が必要という

アメリカンナイズされた考えにも

一定の理がある時代ですから、

その回数は増えるばかりですね…。

 

1回の転職で複数回の面接を受ける事も多く、

一生涯に3回転職するとすれば10回や20回の

面接を受けるのは普通かもしれません。

 

就職氷河期と言われた時期に

就職活動をした方などは、それこそ何十社、

何百社と足を運んだでしょうしね…。

 

私自身は過去4回転職しました。

新卒から数えてみましたら

何と17回の面接を受けています(多分 汗)。

 

おまけにこういう仕事をしていますから、

面接に同行するのは当たり前。

それも含めたら

軽く1000件は超えていると思います。

下手したら2000件も

オーバーしているかもしれません。

しかも今でも日々加算していますから

面接のプロ中のプロと言えるかもしれません(笑)。

 

ホント今までいろんな面接を見てきました。

 

お互いの理解度を高めようとする

素晴らしい面接対応も見てきましたし、

おざなりで5分~10分で終わる面接もありました。

 

ひどいケースでは圧迫面接もありましたし、

(あ、ちなみにこれは私自身が経験しました。

しかも超大手の人材紹介会社です。

恥ずかしすぎる…)

人を小馬鹿にした面接官もいました。

 

そんないろんな面接を見てきた私ですが、

やはり医師の面接は特殊だと思います。

 

まず売り手市場が続いている事から、

実際には合否を決める為の面接というよりは

顔合せのような、相性の確認のような、

内定を前提とした面接が多いという事です。

(事前に書面で選別はしていますが…。)

 

また面接をする側とされる側のポジショニングが

同等、つまりスクエアである事も特徴です。

 

ビジネスマンなら圧倒的に面接する側の立場が強く、

いかにも選別されている感がありますから

それと比較すると医師の面接は

むしろ面接される側の方が強かったりしますね。

これも売り手市場である事が要因だとは思います。

 

そして条件や待遇の確認が

いきなりされるというのも他にはないですね。

 

ビジネスマンなら面接は複数回ありますし、

その中の最終盤でオファー面談が組まれる事も

ありますが、

医師はだいたい面接は1回。

(役職者や希少性の高いポジションの場合は

複数回もありますが…)

だから条件オファーも初対面でします。

 

この良し悪しは別として、

ただでさえ忙しい医師に

何度も足を運ばせるのも難しいですし、

ある意味では効率的で良いかなとは思います。

 

他にも特徴はいろいろありますが、

ビジネスマンの面接などとは全く異なりますし、

同じ医療従事者である看護師や薬剤師、

その他のコメディカルスタッフとも違います。

 

それだけ医師という職種が

特別である事の証明だと思うのですが、

その割には面接自体に

もうひと工夫あってもいいような気もします。

 

そもそも医師の面接を担当するのは、

理事長、院長、診療部長などの役職者と

サポートに事務長が入るケースが多いです。

 

どなたも面接をする事に慣れがない方なんですね。

事務長だって別に人事のプロではないですしね。

 

しかも医師自身も面接など

そう何度もするようなものではありませんし、

場慣れしている先生など決して多くはありません。

 

そういう意味では

お繋ぎして同行する紹介会社のコンサルタントの

力量と経験、ノウハウを活かすべき場だと思います。

 

実際に過去私が関わった面接で、

お互いの理解度が上がり

その後の調整が非常にスムーズに進んだり、

心強かったとか、安心できたとか、

言いにくい事を言ってくれたとか、

肝心な事をきちんと確認できたとか、

面接後に感謝を頂く事が少なくありません。

 

たまたま数多くの面接の場に携わり、

いろいろ見てきたおかげで様々なノウハウを

いつの間にか身に付ける事ができました。

 

これを最大限に活かして、

採用する医療機関の為に、

新天地でさらなる飛躍を目指す医師の為に、

両者の幸せの為に

より良い面接となるようにサポートしてまいります。

 

 

先日一緒に面接に行った先生に、

「今まで何名か紹介会社の人と面接に行きましたが

今日ほど心強かった事はありません。」

と言って頂きました。

 

私としては当然の事をしただけですが、

まあ紹介会社に勤めていたって

たかだが数十件の経験しかない人間も

多いですからね。

 

経験があればいいというものではありませんが、

1件1件から多くのものを学んでますから、

そこらのコンサルタントとはレベルが違います。

 

でもさらに上手くなれるような気もしています。

まだまだ精進します。

 

それでは、また…。

 

医師の転職・開業の無料相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為の事例やノウハウを提供します。

 

お問合せはここをクリック! ジーネット㈱ 小野勝広

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

(公式)ホームページ ジーネット㈱

開業情報はこちらから! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

開業・転職情報 医師のための失敗事例サイト

絶賛稼働中! twitter

絶賛情報発信中! facebook

 

求人案件をチェックしたい方はここをクリック!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事