1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 医療を食い物にするな!

BLOG

ブログ

スタッフブログ

医療を食い物にするな!

 

おはようございます。

 

医師の人生をより良いものとして頂く為に奮闘する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

敢えてどれとか、何とかは申しませんが、

最近医療に関してのメディアのミスリードが

目立つようになってきたと思います。

 

いや、そんなの昔からずっとだ!と

言ってしまえばそれまでですが、

某週刊誌などを見ていると販売数を増やす為に

敢えてセンセーショナルなドキッとする

刺激的なタイトルや斬新な内容を選んで

ピックアップしているように思うのです。

 

もちろんそれが事実であるならば問題はありません。

しかし決して事実とは言えない…

ごく一部の人間の意見を丸呑みにしているケースや

穿った見方をするので有名な人の意見を

そのまま載せていたり、

時にはそれは裏が取れているのか?というような

驚くほどに真実味に欠ける内容もありますね。

 

エビデンス云々なんてないに等しい状況です。

 

そりゃ医療側だって

群馬大学の度重なる手術ミスの件など

反省しなければならない部分はありますし、

課題はそれこそ山積みだとも思います。

 

ですが○○の薬は使うなとか、

□□の治療法はするなとか、

そういうアナウンスはいかがなものでしょう…。

 

エビデンスがしっかりしている有益な情報であれば

とっくに学会などで周知されていると思うんですね。

 

そうでない情報のすべてが間違いだ…

なんて事を言うつもりはありませんが、

結局出版社の売上欲しさの為の騙しに近いものが

少なくないように思うんですよ。

 

だいたいが週刊誌を作る側に

医療の専門家はほとんどいない訳で、

だからこそ取材をするのでしょうが、

その取材先があまりにも偏っているように思えます。

 

読者を戸惑わせて、

医療業界を混乱させて、

自分達だけ売上を上げて、

これはどうなんでしょうか?

社会の為にマイナスではないでしょうか?

 

こういうミスリードに対しては、

場合によっては断固たる姿勢でNO!を

突きつけねばなりませんし、

私たち一般の人間たちが騙されない目を持ち、

流されないようにしなきゃいけませんね…。

 

 

医療を叩けば売上に繋がる…。

メディアにはそういう意識があるのでしょうか?

 

医療は国民の財産です。

国民皆保険制度だって、

医師をはじめとした医療従事者だって、

日本の宝だと思うんです。

みんなでもっと

大切にすべきではないでしょうか?

 

それでは、また…。

 

医師の転職・開業の無料相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為の事例やノウハウを提供します。

 

お悩みご相談はこちらから! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイト

不安ありませんか? 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

開業・転職情報 発信中! 医師のための失敗事例サイト

日々更新中! twitter

facebookもフォローください。

 

求人案件をチェックしたい方はここをクリック!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事