1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 医師の転職に関する諸々のQ&A!

BLOG

ブログ

医師転職

医師の転職に関する諸々のQ&A!

 

おはようございます。

 

医師の転職に関しての情報提供を続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

昨日のブログでQ&A形式の件を書きましたので

早速ですが今日はチャレンジしてみます(笑)。

 

Q 初めての転職で何から手を付けていいのか?

  わからない…。

 

A まずは冷静かつ客観的に自分の過去、現在、

  未来を振り返りましょう。

  思い立ったが吉日と求人誌や求人サイトで

  いきなり求人を探し始める方が多いですが、

  本当に自分が望む求人はそう簡単に見つかり

  ませんし、妥協の産物で選んだ求人は決して

  自分にとってプラスになりません。

  自分に合う求人とは?自分の望む求人とは?

  これを明らかにしていく為に、自分の棚卸と

  キャリアプランニングを行うのが最善です。

 

いかがでしょうか?

当ブログではいつも私が言う事ですので、

全然珍しくない内容ではありますが

時々はこんなスタイルで書くのも良いかなと考えます。

 

調子に乗っていくつか書いてみます(笑)。

 

Q 転職の際に医師が注意すべき点は?

 

A 転職を次の職場探しと捉えるのではなく、

  5年先、10年先の為のキャリアプランを考える

  良い機会と捉えて下さい。

  転職を考え始めて、求人を探し出した…。

  これでは条件面でしか判断ができず、

  入職した後に後悔する事もあり得ます。

  転職は目的を明確に持ち、数年後も視野に入れた

  中長期的なキャリアビジョンを持って

  活動すべきです。

  たまたま良い情報を貰ったからと移籍する先生も

  おりますが、あくまでもご自身のプランニングに

  合うかどうかを判断基準にして頂きたいです。

 

これも再三に渡って当ブログで披露しておりますね。

こういったアドバイスを実際にするとすごく喜ばれます。

 

求人に翻弄されるのではなく、

自らのより良い人生の為に、

キャリアプランニングを立てるのが当たり前となる

そんな時代を早く到来させたいものです。

 

それではもうひとつ。

 

Q 高条件の求人と出会う為のコツはなんですか?

 

A 高条件とは、人によって違うものです。

  まずはご自身にとっての好条件とは何か?を

  明確にしましょう。

  年収が高い、手当が充実している、

  最新の医療機器が揃っている、

  教えを請いたい先輩医師が在籍している、

  医師の在籍数が多く勤務の負担が少ない、

  当直がない(少ない)、オンコールがない、

  休みが多い、勤務スタイルが自由である、

  症例経験が積める……。

  望むものは人それぞれですね。

  まずは自分が何を望んでいるのか、

  そしてその優先順位を付けましょう。

  きれいなバラには棘があるように、

  高条件には何らかの棘が隠されている事も

  多いので、慎重な見極めも必要になってきます。

 

これも度々書いておりますね。

巷では年収2000万!とか、3000万!とか、

高年俸で誘う安易な宣伝広告が多いですが、

普通に考えれば

高年俸には高年俸である理由があります。

 

そして高年俸にも関わらず

充足しない求人であるからには、

医師にとって敬遠すべき点があるんですね。

 

条件は後から付いてきます。

大切なのは、今まで何をしてきたのか?

これから何をしたいのか?

この2点なんです。

 

 

最後にもうひとつだけ。

 

Q 医師が転職をする際に

  エージェントの力を借りるべきか?

 

A 転職活動に必要なのは、情報とノウハウです。

  これがあれば利用する必要はありません。

  なければ利用するメリットはあるでしょうが、

  必須ではありません。

  エージェントにも、担当のコンサルタントにも、

  良し悪しや当たり外れがあります。

  まずはエージェントの経営理念や営業方針を確認し、

  業界内での評判なども情報収集しましょう。

  コンサルタントに関しては

  人として信頼できるかどうか?

  できなければ会社側に交代を要請しましょう。

  残念ながら医師の転職支援をする紹介会社は

  その質にバラつきが大きいです。

  会う前に求人を紹介する、希望条件を聞いたら

  すぐに求人紹介をする。

  こういった求人ありきの支援しかできない会社、

  コンサルタントは避けた方が無難です。

  医療機関側にも雑な紹介をする事が多く、

  先生の価値を下げる事になります。

 

新たな試みとしてのQ&A。

なかなか面白いですね。

 

ただアンサーが難しいです。

どうしても長くなってしまいます。

簡潔に書こうとすると

伝えたい事の半分も書けていない気がします(苦笑)。

 

ご質問など頂きましたら、

またいずれこんな書き方もしてみますね。

 

それでは、また…。

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事