1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 患者を名前で呼ぶのか?番号で呼ぶのか?

BLOG

ブログ

スタッフブログ

患者を名前で呼ぶのか?番号で呼ぶのか?

 

おはようございます。

 

医師に転職や開業の有益な情報提供をしている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

「小野さ~ん、診察室にお入り下さ~い!」

 

どこの病院でもクリニックでも

ごく普通にある光景だと思うのですが、

個人情報保護法が施行されてから

医療機関側が気を使って

番号で呼んだりする所もあるようですね。

 

診療科目によっては、そのニーズが高く

必要不可欠な場合もあるのでしょうが、

私などは個人的には

全く名前で呼ばれて構いませんし、

私の周囲の人間にも聞いてみましたが、

むしろ番号の方が嫌だという意見も

少なくありませんでした。

 

そうは言っても患者の中には

必要以上に個人情報の漏洩に敏感で、

名前で呼ぼうものなら大クレームを付けるような

まさにモンスターな人もいそうですから、

これはもう何らかの対策が必要なのでしょうね。

 

私の仕事などは、

個人情報をお預かりしますし、

それを医療機関や金融機関などに提出する事もあります。

なので人様の個人情報に関しては

かなり気を使って取り扱いますし、

一応私はビジネスコンプライアンス検定という

資格を持っておりまして、

取り扱いには厳格な意識を持っています。

 

ただこの個人情報…。

メリットもあるのでしょうが、

デメリットも大きいような気がするんですよね。

 

そもそも個人情報保護は、

漏洩して情報を悪用されたりしないように…

という意図があったはずですが、

実際には確実にどこかで情報漏洩してて

訳のわからん営業や、

全く心当たりのないメール、電話が頻繁にあります。

どこを保護してるんじゃ!って話しです。

 

しかし情報を非公開された事によるデメリット、

例えば卒業名簿を始めとして様々な名簿が

作れなくなり、連絡先がわからなくて困って

しまうとか、番号などで呼ばれる事によって

コミュニケーションが取りにくいとか、

いろいろあるように思えるんですよね…。

そちらの方にはみな意識が向いていません。

 

もちろん変な犯罪に巻き込まれたり、

興味本位で覗かれたりするのは勘弁ですが、

現実的に巻き込まれたり、

覗かれたりしている訳ですよね。

 

それでも個人情報を今のような形で

保護するのが良いのかなあ?

私にはそうは思えません。

もうひと工夫せねばならないでしょう…。

 

 

先日、精神科の先生が調剤薬局の方に

「できればうちの患者さんは

番号で呼んで頂きたい」

と、要望を出すシーンがありました。

 

これなどは正当な発想ですし、

調剤薬局側も気持ち良く了解してくれました。

 

でもなあ、

何でもかんでも番号で呼ばれるのには

私は違和感がやっぱりあるなあ。

 

皆様の医療機関は

どのように対応されていますか?

 

それでは、また…。

 

医師の転職・開業の無料相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為の事例やノウハウを提供します。

 

お悩みご相談はこちらから! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイト

不安ありませんか? 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

開業・転職情報 発信中! 医師のための失敗事例サイト

日々更新中! twitter

facebookもフォローください。

 

求人案件をチェックしたい方はここをクリック!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事