1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 面接が苦手な医師にコツを教えます!

BLOG

ブログ

医師転職

面接が苦手な医師にコツを教えます!

医師面接 病院面接 医療機関面接 クリニック面接 院長面接 履歴書 職務経歴書 圧迫面接 セクハラ面接 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職エージェント 医師キャリアサポート 医師紹介会社 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の転職・開業シーンにおいて
事例、ノウハウを提供している
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私は面接が得意です。

これは自慢ができるようなものではなく、
そういう経験を積まざるを得なかったのであり、
あくまでも望んでそうなったのではありません。

ただ場数を踏む事によって、
傾向と対策を掴む事が出来たのは確かです。

その後、人材ビジネス業界に入り、
求職者の方々の面接に同席するようになり、
客観的に面接というものを見るようになった事で
さらに面接の場が楽しめるようになりました。

もちろん、どうだ、スゲーだろう…なんて事が
言いたい訳ではなくてですね、
せっかく得たノウハウですから
面接を苦手とする人に
少しでも役に立てたらと思った次第です。

とは言え限られたスペースですし、
求職者の方の個性やバックボーン、
求人側の背景や文化、伝統によって
かなり異なるものですので、
どうしても一般的な事しか言えません。

その中でも私が大事だなと思う事を
5点だけお知らせします。

1、上手くやろうとしない。

別に面接のプロを採用したい訳ではありません。
面接の上手下手は重視されませんから、
ご自身の事を理解して貰う事に専念しましょう。

2、緊張している自分をそのまま見せましょう。

余程肝っ玉の据わった人以外は、
面接の場は緊張するものです。

緊張している事はマイナスではありませんので、
ありのままの自分を許しましょう。

3、今まで何をしてきたか、これから何がしたいのか、
  この2点は明確に、正確に相手に伝えましょう。

自分では大した事がないと思っている事が
先方には宝のように見える事があります。

今まで何をしてきたのかは丁寧に伝えるべきです。

またそれと同じくらい大事なのが、
これから何をしたいのか?
履歴書、職務経歴書は
この点を相互理解する為の良き資料となります。

面接官が質問をしやすいように作成しましょう。

4、なぜ応募したのかの理由を明確にしましょう。

ホームページや求人サイトなどで研究し、
相手がいい所を見てるなあ…という
ポイントを突いてあげましょう。

本音と建前を使い分けて、
ここでは建前に本音をプラスするくらいが良いです。

5、質問は必ずする事。

何か質問はありますか?に対して、
特にありません…というのはNGワードです。

今までの会話の中で、再確認したい事や
もう少し詳しく知りたい事などを聞くようにしましょう。

ふむ、やっぱり一般的な事だと
とても平たい基本的な事しか書けません…。

ただ医師や看護師の皆さんは、
一部の方を除けば面接慣れなどしていないでしょうし、
意外とこういう基本を知るだけで
とても良い面接となるケースも少なくないです。

私がご支援する方々には、
いつもその方に合ったアドバイスをしておりますが、
やはり個々によってかなり違っております。

とにかく面接が苦手で…という方は、
私どものように原則面接に同席してくれる
紹介会社を選んでサポートしてもらうのも
ひとつの手ですね。

医師面接 病院面接 医療機関面接 クリニック面接 院長面接 履歴書 職務経歴書 圧迫面接 セクハラ面接 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職エージェント 医師キャリアサポート 医師紹介会社 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

医療機関ではあまりありませんが、
面接官がとてつもなく失礼なケースもあります。

私も過去1度だけありましたが、
こういう時は
どうしてもここにお世話になりたい場合を除いて
席を立って良いと思います。

圧迫面接、セクハラ面接など、
非常に問題のある面接もありますし、
なかには人事担当が何を勘違いしたのか
人を見下すような態度を取る事もあります。

こういう所に入っても
あまりいいことはないですから、
こんな失礼な面接をするなら
こちらからお断りですと退席して良いと思います。

ちなみに私が受けたとても失礼な面接ですが、
しばらく後にその面接官の上司と
お会いする機会がありましたので、
ありのままをお伝えしました。

上司の方は平謝りで、
厳重注意するとの事でしたが、
果たしてその後どうなったのか?

ちなみに過去記事ですが、
下記なども参考にして下さい。
面接でのNGワード!?

こんな質問をされた場合は、
そこにお世話になるのは止めた方が良いと思います。

それでは、また…。

*無料ZOOMキャリア相談が好評です!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)の動画を毎週更新中です!

医師キャリア相談

<ジーネットは下記にて情報発信しております!>
ジーネット株式会社 公式コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報収集サイト
ジーネット株式会社 <医師のキャリアtwitter>
ジーネット株式会社 <医師のキャリアfacebookページ>

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事