1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 退職の申し出をされる方が悪いのだ!

BLOG

ブログ

スタッフブログ

退職の申し出をされる方が悪いのだ!

 

おはようございます。

 

医師の転職をフルサポートしている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

誰にとっても今の職場に対して

「辞めます」という瞬間までは

かなりストレスフルな状態だと思います。

 

普通の人なら、

仮にどんな最悪な職場だって

お世話になった思いはあるし、

後腐れなく円満で退職したいものですよね。

 

ところが…、

「今までどれだけ世話してやったと思ってるんだ」とか、

「そんな簡単に辞められると思わないで欲しいな」とか、

「ちょっと君の非常識ぶりには困ってしまうね」とか、

まあ不思議なもので、

上司ってのは憎まれ口を叩くものです。

しかも自分は正しい、相手は間違っていると

心から信じているのでやっかいでありますね。

 

実際に私がかつて受けた事例ですが、

「そんな甘い考えならどこに行っても通用しないね」とか、

「どうせ次の会社だってすぐ辞めるんだろう」とか、

「辞めてくれて清々するよ」など、

本当にひどい言葉をぶつけられました…。

 

なので自分がそういう立場に立ったら、

絶対に辞める人間に対しても

最後まで誠実な対応をしようと思いましたし、

その前に、辞められないように

日常的にサポートをしようとも考えておりました。

 

だいたいがこんな上司がいる職場なんてのは

定着率も良いとは言えないでしょうし、

組織内の雰囲気はネガティブでしょうし、

潜在的な退職希望者はかなり多いのでしょうね…。

 

そりゃ上司として部下に辞められるというのは

いろいろな意味で痛いです。

自分の評価にもマイナスでしょうしね。

 

どんな職場だって組織で仕事をしている以上、

何の問題もない…なんて事はあり得ないと

思います。

 

しかし退職者が出るという事は、

何らかの対処すべき問題が内包している

証拠であると思うんです。

 

そうであるならば上司たるもの、退職者に対して

文句や嫌味なんて言っている場合ではなく

内部にある問題に対処すべきだと思うんですよね。

そういう健全な取り組みをしないから

次から次へと退職者が出る訳です。

 

辞める人間が悪いのではなくて、

辞める人間が出てしまう環境を変えない

組織にこそ問題があるのではないでしょうか?

 

上司が率先して退職者を出さないように

改善をしないから定着率が一向に上がらない訳です。

 

多くの方の転職相談に乗っていて、

様々な悩みを伺います。

 

もちろん本人に

問題があるケースだってありますが、

でも大抵は組織に、環境に、上司に、経営に

問題があるケースなんですよね。

 

鶏が先か、卵が先か。

退職者が出る原因を真摯に受け止め、

改善をする事こそが必要です。

それをしない組織には未来がないと思います。

 

 

退職の申し出をされた時、

その人に対してどうこう思うよりも

これは天がくれた改善のチャンスだ…と

思うような上司がいたら

その組織は今後良くなるかもしれません。

 

辞められる事を怖がるのではなく、

今後辞められなくするしかないと思うんですよ。

 

そうやって組織を少しずつでも良くしていかないと

いつまで経っても退職者は止まりません。

 

雨が降ったら地を固めないと…ですよね。

雨に文句を言ったところで意味はありません。

雨が降る元から変えないといけませんね。

 

それでは、また…。

 

意識の高い医師のための情報提供サイト!

医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

 

医師の転職・開業の無料相談はこちらから!

転職・開業を成功に導く事例やノウハウを提供します。

弊社へのご相談はこちらです!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイト!

多角的な情報提供中!医師の為の情報発信サイト IBIKEN

多様な事例掲載してます。医師のための失敗事例サイト

絶賛交流中! twitter

facebookも日々更新中です!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事