1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 素人が考えるセカンドオピニオン

BLOG

ブログ

医療業界全般

素人が考えるセカンドオピニオン

医師セカンドオピニオン

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

世の中には、
「押してもダメなら引いてみな」とか
「急がば回れ」など、
いわゆる「逆も真なり」的な言葉がありますね。

私はセカンドオピニオンってのも
そうなのではないかと考えています。

医師セカンドオピニオン

思いっきりイチ患者側の立場に立って
考えを述べますと…

医師という専門家として、
セカンドオピニオンを
常にお勧めしている先生はどうかな?と思います。

だって自信がないのかな?とか、
専門家としてのプライドがないのかな?と
感じてしまいますから。

でも、拒否したり、
嫌がったりするのもどうかな?と思います。

自尊心が強過ぎるのかな?とか、
自信過剰なのかな?と感じてしまいます。

医師として、
セカンドオピニオンという流れを支持していく事は
素晴らしい事ですし、
大反対する先生はほとんどいないとも思います。

ですが、目の前の患者さんに、
それを言われると
微妙な気持ちになってしまうというのも
正しい姿だと思います。

専門家ですもんね。
え、俺を信じてくれてないの?と思うのは
決して悪い事ではなく、
ごく自然な感情です。

そこで冒頭の言葉です。

セカンドオピニオンって
患者側からも言いにくいと思うんですよ。

医師から見ても、
それ事態は必要と思っても、
目の前の患者からは
できれば言われたくないってのも
ごく普通の事ではないかとも思います。

私が長く営業職や
マネージメント職を経験し身に付けた事…。

「相手が言いにくい事はこちらから言ってあげる」

これがこのセカンドオピニオンには
当てはまる気がします。

目の前の売上を逃しても、
信頼を勝ち取る事ができますし、
その信頼こそが次の売上を作る、
そう思って実践してきました。

医師から、
セカンドオピニオンという事を話して頂けると
患者側は助かりますし、
むしろその医師に対する信頼は高まります。

結果的にセカンドオピニオンはなしで
先生に主治医になって下さいという
話しになるかもしれません。

赤ひげ先生的な美談は、
医療の現場から見れば
いろいろ問題もあるのでしょうけど、
要はそれだけ患者を思い、
救ってあげたいという気持ち自体は必要不可欠ですし、
そういう思いで毎日の医療行為に取り組んでいる先生が
大多数だとも思います。

でも、過信や思い込みは
敵だとも言えるのではないかと思うのです。

だからこそ、
小さな事で行き違いにならない様に、
このセカンドオピニオンという流れに
うまく対応して頂き、
患者との本当の意味での
信頼関係を作り上げて頂ければな…と思います。

今、学校ではモンスターペアレントなどの問題があります。

医療の世界でも、
これに似たモンスター患者が
増えつつあるのではないかとも思います。

だからこそ、その対応の仕方、
つまり診察や治療ではなく、
コミュニケーションの取り方も重要と思い、
こんなん書いてみました。

素人の稚拙な考えですが、
少しでも参考になれば幸いです。

それでは、また。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事