1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 子供達のなりたい職業である事の責任!

BLOG

ブログ

医師転職

子供達のなりたい職業である事の責任!

 

おはようございます。

 

医師の人生について

客観的に見つめ続けている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

少し日が経ってしまいましたが、

2月26日(日)に医師ファミリー限定の

子育てに関するセミナーを行いました。

 

参加した先生方の真剣な表情。

お子さんへの愛情と責任感の強さを

まざまざと感じました。

 

次回は7月頃に開催する予定ですので、

また詳細が決まりましたらご案内いたします。

 

さて、そんな事があったからか、

下記のテーマがおお!と気になりました。

親なら知りたい!

「小中学生のなりたい職業」2位医者で1位は…

 

ちなみに女子の順位は…

 

1位・・・パティシエ(11.0%)

2位・・・会社員(9.4%)

3位・・・医者(6.4%)

4位・・・公務員(5.8%)

5位・・・先生(3.6%)

 

そして男子の順位は…

 

1位・・・会社員(14.4%)

2位・・・サッカー選手(7.4%)

3位・・・医者(6.0%)

4位・・・公務員(5.4%)

5位・・・野球選手(5.0%)

 

お医者さんは男子も女子も第3位。

小中学生にとっては

昔も今もなりたい職業であるんですね。

 

私が小中学生当時は

プロ野球選手しか考えていなかったので、

あまりにも視野が狭かったなあ…

と反省しております。

 

ただねえ、会社員がこんな順位だなんて、

そりゃ夢がなさ過ぎでしょう。

子供の頃から会社員を志すなんて寂し過ぎます。

まだベンチャー企業を創設するとか、

独立して起業するってのならわかりますが、

会社員だとか、公務員ってのは

これは夢にしてはいけないと思います。

 

夢が叶わなくて現実を直視するしかなくなって、

それで選ばざるを得ないのが会社員、公務員です…

と、会社員である私が言うのだから

間違いないでしょう(苦笑)。

 

さて、医師の皆様はいくつくらいの時に、

医師を目指そうと思われましたでしょうか?

 

幼稚園?小学生?中学生?高校生?

それぞれ意識しだした時期

というのがあると思いますが、

医者であることは子供にとって夢なんだな…

と痛感します。

 

そして夢を叶えた皆さんが今現在、

何を思って日々診療をしているのか?

 

やりがいを持って診療していて、

日々充実しているのであれば

これが最も良いですが、

さすがにネガティブな面だって

なくはないですよね…。

 

でも、きっと、

大きくなったらお医者さんになりたい!

と言う子供の前で、ネガティブな面は

出せないと思うのです。

それが夢を叶えた人の責任ではないでしょうか?

 

誰にでもなれる職業ではないだけに

子供は夢を持つのでしょうし、憧れるのでしょう。

 

私などは羨ましい限りですが、

それはそれで大変でもあります。

 

子供の憧れる職業、夢とする職業だからこそ、

私は心から応援し、後方支援や側面支援を

してまいります。

 

 

ちなみに世の親たちは

どんな風に子どもの夢を支援しているか?ですが、

(1)興味に沿った趣味や習い事を支援する

(2)進路を調査する

(3)学費を貯める

この3点なのだそうです。

 

子育てセミナーはまさにこの(1)、(2)について

講師が丁寧に話しますので

ご関心ある方は7月にお会い致しましょう。

 

それでは、また…。

 

<キャリア意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師の情報収集のためのIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントのブログサイト

医師の転職・開業 失敗事例集サイト

ジーネット公式 follow me twitter

ジーネット公式 facebookページ

 

転職・開業のお問合せはこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事