1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. ミドル層の転職が急増しているようだが、医療業界においては果たして…。

BLOG

ブログ

医師転職

ミドル層の転職が急増しているようだが、医療業界においては果たして…。

 

おはようございます。

 

医師の転職をより良いものとするために

他業種からも学び続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私は医療業界に来る前には、法律・会計の領域で

人材紹介事業に携わってきました。

 

その頃は、いわゆる法律事務所、会計事務所、

特許事務所、税理士事務所、司法書士事務所などに

頻繁に出入りさせて頂いておりましたが、

ちょうど企業においてもこういった

専門家のニーズが高まり、

有資格者や豊富な実務の経験を持つ方を

企業にご紹介する事も多かったです。

 

今考えると凄く良かったのですが、

この採用マーケットは買い手市場でした。

 

つまり「求職者>求人数」という構図ですね。

だからとにかく良い求人を頂く為に奔走しました。

 

ところが医療の世界は

一部の職種を除けば売り手市場ですね。

医師、看護師、薬剤師などは圧倒的な

売り手市場と言えます。

 

なので「求人数>求職者」という構図であり、

私にとっては買い手市場の逆の行動を取ればいいという

非常にシンプルだけど効果的な考え方が持てるように

なりました。

 

よって今は良い医師と出会い、

その医師の希望を叶えるためにプランを練り、

その医師専用の求人を作るような

オーダーメード型の転職支援をしています。

 

売り手市場なのですから、

求職者ありき、つまり医師ありきで、

医師のためにマッチングすればいい

と考えているのです。

 

ところが医療系の中堅から大手紹介会社は

このマーケットの違いを全く理解していません。

 

買い手市場の手法を、

売り手市場でも行っているのです。

これを私は求人ありきの転職支援と

呼んでいるのですが、

売り手市場で買い手市場と同じ手法では

上手く行く訳がないのです。

 

この上手く行かないとは、

医師にとって適切な求人が紹介されない、

満足のいく職場と出会えないという事であり

事業自体を回して儲ける事はできるのか問題です。

 

だから、やれ何万件の求人ありますとか、

非公開求人を多くありますとか、

完全に買い手市場と同じ手法、

同じ宣伝文句を使っています。

 

おかしな話しだよな…と思うのですが、

まあ他社さんの事は口出ししないようにします。

 

私どもは売り手市場である事を良く理解し、

医師ありき、求職者ありきの手法を取ります。

もちろん市場が変わったら手法も変えます。

 

えっと話しがズレました(笑)。

ビジネスの現場では少し前までは

35歳転職限界説などと言われてましたが、

最近では35歳以上、それこそ40代、50代の

いわゆるミドル層の転職が活発になってきて

いるようです。

 

背景にはいろいろあると思うのですが、

・新入社員や若手を育成している余裕がない。

・管理職層が薄くなっている。

・リストラを進め過ぎた。

・早期退職制度で中堅どころかゴソッと抜けた。

・すぐに売上に貢献できる即戦略を欲している。

 

このような事情があると思いますが、

実は最も大きいのは「経験」に対する価値が

高まったという事ではないかと

私は考えています。

 

企業が株主への責任を意識するようになり、

社員の育成、顧客満足度、社会貢献よりも

すぐの利益と株主への還元を優先せざるを

得なくなっているのではないでしょうか。

 

それが経験を持つベテランの価値を

必要としている…。

こういった構造的な変化が

訪れているのではないか?

と、私は思うのですが果たして実態は

どうでしょうか?

 

もうこれは良い悪いとか好む好まないの

問題ではなく、時代の流れとして

受け止めていかねばなりませんし、

個々としては

柔軟に対応するしかありませんよね。

 

医師の転職マーケットにおいては、

そもそもミドル層の方が価値が高いですね。

20代~30代中盤くらいでは医師として

まだ1人前と認めにくいのかもしれません。

もちろん優秀な先生は

年齢に関係なくいらっしゃいますけど。

 

やはり30代後半~40代、50代のミドル層の方が

医療機関側の採用意欲が高いように思います。

そしてこれは年俸などを見ると確実に証明できます。

経験がきちんと年俸に反映されていますから。

 

ある意味では時代よりも

ひと足早かったのかもしれません。

ですが医療の世界がビジネスライクになるのは

これは話しが違うし、

そうはなって欲しくないと思います。

 

 

経験が評価に反映されるというのは

普通に健全ではないかと思います。

実に望ましい姿だとも思うのです。

 

私どもに転職のご相談を頂く先生方は、

30代後半から60代前半までと実に幅広いですが、

経験値に応じた条件を頂く事ができていますし、

何と成約率は80%を超えています。

 

大手紹介会社は10%とか、

某社などは10%を割っていると言われますので

そう考えると驚異的な数字なのかもしれません。

 

売り手市場を理解した転職支援を行えば、

こういう結果が出るという事ですね。

ミドルの先生方は

どうぞ私どもにお声掛け下さい。

 

それでは、また…。

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

開業・転職 お悩みありませんか? ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ 公式サイトはこちら!

転職や開業に不安を感じている医師の為のサイト IBIKEN

転職・開業情報 発信中! 医師のための失敗事例サイト

絶賛日々更新中! Twitter

facebookでの交流もお待ちしてます。

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事