1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. ビッグデータも大事だけど、スモールデータも大事だと思う…。

BLOG

ブログ

スタッフブログ

ビッグデータも大事だけど、スモールデータも大事だと思う…。

 

おはようございます。

 

医師がより良い日常を過ごせるように

個々に合ったキャリアパスを共に考える

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

ビッグデータ…。

医学的にはこれから益々

活用されていくのでしょうね。

 

そして医療業界全体としても

国家の財政に余裕がない為に

ビッグデータを有効に活用して

より効率的にしていくというのは

歓迎すべき事だとは思います。

 

実際に様々な事業がすでに動いており、

それは楽しみでもあるのですが

若干不安な部分もあるというのが本音です。

 

多くのデータを取る事で

医療費が適正化されたり、

健康管理が予防に繋がったり、

まだわかっていない人体の不思議を解明したり、

ゲノムを利用して先制医療に繋げたり、

寿命が伸びたり、医療がさらに

良くなりそうだというのはわかります。

 

別に個人情報の保護が不安だとか、

制度が追い付いていくのかとか、

医療機関が対応できるのかとか、

そういう事ではなくて、

あまりにもビッグデータの期待が高過ぎて、

何もかもが解決するような論調が多くて、

果たしてそんなに上手く行くのかな?と

漠然とした不安があるのです。

 

まあ私のような素人が

口出しをするような事ではないですが、

きっと良い方向に進むとは思うのですが、

過度な期待を掛け過ぎするのはどうなんだろうと…。

 

そして意外とビッグデータを活かすのは

もしかしたら旧態依然なのかもしれませんが、

スモールデータのような気もするんですよね。

 

地道でコツコツと積み上げてきた

それこそある1人の研究データが

ビッグデータで行き詰った時に

突破口になったりする事があるように思うんです。

 

いや別に私は理系ではないし、

研究職に就いた事もないし、

こんな事を言う資格はありません。

 

ですが何となく流れが急激な時には

足元を見失わないように

今までの積み重ねの部分も

しっかり見つめておくべきなように思います。

 

 

とか何とか言いながら、

今後ビッグデータがどのように活かされていくのか

非常に楽しみにしている私もいます。

 

医学がさらに発展して、

医療がより良いものになり、

医療現場が効率的になって

働く人々にとってもプラスになり、

国家の財政も改善されていく。

 

まるで夢物語のようにも思えますが、

仮にその何%かでも実現したら

スゴイ事だなあと思ってます。

 

だからこそ成功させなければならないですし、

期待が大きい分、万が一への備えも必要で、

それは真逆の世界にあったりするのかな…なんて

考えてみた次第です。

 

それでは、また…。

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

開業・転職 お悩みありませんか? ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ 公式サイトはこちら!

転職や開業に不安を感じている医師の為のサイト IBIKEN

転職・開業情報 発信中! 医師のための失敗事例サイト

絶賛日々更新中! Twitter

facebookでの交流もお待ちしてます。

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事