1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 過酷なサクセスストーリーを思い描いていないか?

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

過酷なサクセスストーリーを思い描いていないか?

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランのご相談を

多方面から情報収集してアドバイスする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

キャリアプランとは

なりたい自分、 望ましい未来、

自分ならではのサクセスストーリーを

思い描く所からスタートすると思います。

 

ところが世に言う「成功者」たちというのは、

とんでもない過酷な苦労を乗り越えてきたり、

そこまでやるかというような厳しい状況を味わっていたり、

そんなのごく一部の天才にしかできないだろうという

奇跡を起こしていたり、

まあよく考えてみると普通の人間には

中々実現不可能な事を成し遂げていたりします。

 

ビジネスマンで言うと、

本田宗一郎、井深大、盛田昭夫、稲森和夫、藤田田などと

同じ事をしようと思ったってそう簡単にはできません。

 

もう少し時代を経ても、

孫正義、三木谷浩史、柳井正にしても

そんじょそこらの才能や努力で

なれるような人ではありません。

 

医療の歴史上で考えてみても、

杉田玄白、華岡青洲、緒方洪庵、

野口英世、北里柴三郎、森鴎外など

錚々たる人物が思い浮かびますし、

現代の医師にしたって

日野原重明先生、荻野久作先生、

天野篤先生、山中伸弥先生などといった

著名な医師もいますよね。

 

こういう有名人を成功者とするのはいいですが、

ここを目指そうとすると相当に厳しいと思います。

 

まあこのような大成功者は別にしても、

思い描くサクセスストーリーに無理があると

そのプランニングに翻弄される事に

なりかねませんね。

 

実際に世に成功する為のアナウンスというのは

星の数ほどありますが、24時間仕事の事を考え

圧倒的に勤勉でなければならないとか、

誰にでも感謝をし、与える心を持ちなさいとか、

夜中でも思いついたら即行動するとか、

生活スタイルを朝方に変えて4時から勉強を始めるとか、

成功するまで絶対にあきらめずにやり続けるとか、

夢を手帳に書いて毎日見返すとか、

自己管理を徹底して

常に成功の形を自らに問い続けるとか、

人と同じ事をしない、オリジナリティを磨けとか、

即断即決せよとか、

まあそりゃそうなんでしょうが、

こんな窮屈な日常を送っていて果たして

自分が満足する成功にたどり着くのでしょうか?

 

もちろん努力や頑張りを否定するつもりはありませんし、

自らが本当に望んでいるのなら

それはそれでいいのでしょうが、

あまりにも過酷なストーリーを思い描いてしまうと

逆に継続できなかったり、

モチベーションが下がってしまったりする事も

あると思うのです。

 

やはり私はサクセスストーリーには、

その人に合った、その人らしいものを

描いていくべきだと思います。

 

 

目標が高いとか、

夢が大きいとか、

大いなる野望を持っているとか、

これはこれでいいと思うんです。

 

ただそれをプランニングしていく際に、

無理難題を自分に押し付け過ぎては

いけないと思います。

 

自己責任時代でもありますし、

黙っていても外部が求めるものは

かなり厳しいものでもありますよね。

 

追い込めば追い込むほどに力を発揮できるとか、

過酷な人生を望んでいるとか、

そういうパワフルな方はいいとして、

そうでない方は自分と向き合って、

自分らしい、自分のスピード感で

適切なプランニングを構築すべきと思います。

 

それでは、また…。

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事